『ハイドンの肖像画』画=トーマス・ハーディ

1809年5月31日は、現ドイツ国家『神よ、皇帝フランツを守り給え』をはじめとした数々の交響曲作品で“交響曲の父”といわれオーストラリア帝国を代表する音楽家、フランツ・ヨーゼフ・ハイドンが死亡した日である。
5月26日に『皇帝賛美歌』をいつもとは違うアレンジで3回演奏した後、夕方に倒れ、そのまま31日に死亡した。しかし、ハイドンの悲劇はそこで終わらず、その遺体の首は切断され、150年もの間胴体とは違う場所をさまようことになるのだった。その首を切断し持ち帰ったのは、オーストラリア刑務所のヨハン・ペータ−、そしてジョセフ・カール・ローゼンバウムというハイドンに心酔していたエステルハージ家の書記という2人組で、埋葬の際に参列者達に賄賂を掴ませての犯行であったという。彼らの目的は当時流行していた「骨相学」的観点から“天才の脳の大きさとその才能には関連性があるのか?”という命題を検証しようとしたということであったが、その紛失が発覚した1820年に両者から戻された頭骨は、それぞれが偽物であったという。まさに天才作曲の頭部は失われたままの状態がそれからも続いたが、様々な人物のところを経て、1954年、およそ150年後にようやくアイゼンシュタットに眠っていた胴体の元に戻ってきた。本物を最後に所有していたのはウィーン楽友協会。その組織からの返還により、天才の遺体は不幸な別離を終えたのであった。屍となっても多くの人々を引きつけて止まない——それほど絶大な才能をハイドンが世界に披露していたということを何より雄弁に物語るハイドンの“頭蓋骨”である。

(画像はWikipedia Joseph Haydnより使用。Public Domain)

5月31日の不幸

1404年
【死去】足利義満【武士・政治家】室町時代の開祖、足利尊氏の孫であり、南北朝の統一を成し遂げた室町幕府の3代将軍。征夷大将軍から太政大臣にまで登り詰め、中国・明朝との勘合貿易、さらには豪華絢爛の金閣寺建立に代表される北山文化を牽引するなど、武家出身者としては史上最大級の栄華を誇った。あまりの権勢に、その死には毒殺説も出ており、明との貿易に日本国王を名乗っていたことから、天皇簒奪を目論んでいたという説もあるがその真偽は不明。ただし、その死後太政天皇の追号までされた(幕府が辞退)。49歳没。
1809年
【死去】フランツ・ヨセフ・ハイドン(Franz Joseph Haydn)【作曲家/オーストリア帝国】

現ドイツ国家『神よ、皇帝フランツを守り給え』をはじめとした数々の交響曲作品で"交響曲の父"といわれオーストラリア帝国を代表する音楽家。5月26日に『皇帝賛美歌』をいつもとは違うアレンジで3回演奏した後、夕方に倒れ、そのまま31日に死亡。没年77歳。その死後、遺体の首は切断され、150年もの間胴体とは違う場所をさまようことになるのだった。

1832年
【早世】【奇妙な死】エヴァリスト・ガロア(Évariste Galois)【数学者・革命家】ガロア理論を構築した数学者であり、王政に疑問を唱えた共和主義者だった。その思想故に投獄されたが、仮出所中に自身曰く「つまらない女」との恋にの果てに、決闘を申し込まれ、その結果死亡。後年様々な文書が発見されその死が研究されたが、恐らくフォートリエ療養所所長の娘ステファニーとの失恋後に、革命を呼び込むための自作自演で死んだと憶測されている。没年20歳。
1945年
【第二次世界大戦】【空爆】「台北大空襲」第二次世界大戦時、日本統治下の台湾・台北市をアメリカ空軍が無差別爆撃。アメリカ軍は一般市民の被害を最小限に食い止めるべく、台湾総督府をはじめとする軍事的重要施設に狙いを定めたというが、結果としては負傷者数万、死者3,000人以上を出す大惨劇となった。
1974年
【死去】木村伊兵衛【写真家】 日本を代表する写真家であり、ほぼ同時期に活躍した土門拳とともにリアリズム写真を代表する作家。主にライカを使ったストリート・スナップの名手として著名である。日本写真家協会初代会長。代表作に『パリ』等。72歳でのその死後、写真家の登竜門である新人賞として「木村伊兵衛賞」が創設された(朝日新聞社主催)。
1983年
【死去】ジャック・デンプシー(Jack Dempsey)【プロボクサー/アメリカ】

史上初めて前傾姿勢のファイティングスタイルで戦ったといわれる、豪腕猛打の元世界ヘビー級チャンピオン。∞の時の如く体を動かしてよける"デンプシー・ロール"の発案者としてもしられる。近大ボクシング史上最も凄惨な試合といわれる"トレドの悲劇"でジェス・ウィラードの顎を7カ所も骨折させる滅多打ちにして世界王者に。初期は偽名で試合をしていたためにわからないが、判明している限りの生涯記録は65勝 (51KO)6敗11分け1無効試合。引退後はプロモーター、実業家として成功したが、有力なマフィアとの繋がりも有名であった。また、フリー・メイソンの会員としても知られる。心不全で87歳没。

2008年
【死去】ウガンダ・トラ【タレント・ミュージシャン】父にジャズドラマーの佐藤イサオを持つドラマーであり、コミックバンド、ビジー・フォーの元メンバー。その音楽的センスを活かし、テレビ『オレたちひょうきん族』ではマイケル・ジャクソンのスリラーを完全コピーするなど、巨体でも動けるタレントとして活躍した"元祖デブ・タレント"。「カレーは飲み物」の名言でも知られる。2008年になると体調が悪化、急逝呼吸不全で死亡した。没年55歳。