『日本航空115便接触事故』

1978年6月2日に起きた日本航空115便の接触事故。大阪・伊丹空港着陸時に機体の尾翼が滑走路に接触してしまうという不良着陸の事故だったが、バウンドした機体の揺れで、3名の負傷者を出すだけにとどまったために、あまり記憶に残っている航空事故ではないだろう。しかし、ボーイング社が行なったこの機体の修理が原因となり、後の1985年8月12日に乗員乗客524名のうち死亡者数は520名、生存者4名という単独機での世界最多死亡者を出した航空事故、「日本航空123便墜落事故」を引き起こすことに繋がってしまった。機体の後部圧力隔壁に残ったままになっていた亀裂は、この日の小さな事故で生じたものだったといわれている。事故は突然起きるものばかりではないという好例だろう。

(写真はWikipedia 日本航空115便しりもち事故より)

6月2日の不幸

1年
準備中
1941年
【早世】ルー・ゲーリッグ(Henry Louis "Lou" Gehrig)【プロ野球選手/アメリカ】(つづき2から)引退セレモニーでのスピーチ、「(難病に冒されていても)私は今地球上で最も幸せな男です」はアメリカの歴史上でも最も有名なスピーチのひとつとして知られている。
1941年
【早世】ルー・ゲーリッグ(Henry Louis "Lou" Gehrig)【プロ野球選手/アメリカ】ベーブ・ルースに次ぐ看板選手としてニューヨーク・ヤンキースで活躍した強打のメジャーリーガー。故障をいとわない頑丈さから"アイアン・ホース"と呼ばれ、2,130試合連続出場の大記録を誇る(後に衣笠祥雄、カル・リプケンJr.が更新)左投げ左打ちの一塁手。2度のリーグMVP、三冠王1回、本塁打王3回、打点王5回、生涯打率.340、生涯出塁率は歴代5位の.447という見事な数字を残した。(つづく)
1941年
【早世】ルー・ゲーリッグ(Henry Louis "Lou" Gehrig)【プロ野球選手/アメリカ】(つづきから)しかし、35歳頃からどこか体の不調を感じるようになり、やがて日常生活にも支障が出るレベルにまで悪化。1939年5月2日に自ら不出場を直訴、連続記録は止まった。その後の診断により、当時まだ珍しかった筋萎縮性側索硬化症(ALS)であることが発覚、現役引退となった。このことからALSは"ルー・ゲーリック病"とも呼ばれている。引退の2年後に37歳で死亡。(つづく2)