『日本航空115便接触事故』

1978年6月2日は、日本航空115便の大阪・伊丹空港着陸時に機体の尾翼が滑走路に接触してしまうという不良着陸の事故が発生した日である。バウンドした機体の揺れで、3名の負傷者を出すだけにとどまったために、社会的にはあまり記憶に残っている航空事故とはいえないだろう。しかし、ボーイング社が行なったこの機体の修理が原因となり、後の1985年8月12日に乗員乗客524名のうち死亡者数は520名、生存者4名という単独機での世界最多死亡者を出した航空事故、「日本航空123便墜落事故」を引き起こすことに繋がってしまったのである。史上空前の墜落事故の原因となったといわれる機体の後部圧力隔壁の亀裂は、6月2日の“小さな”事故で生じたものだったといわれている。不幸は、突然起きるものばかりではなく、様々な繋がりと物語を持っているのである。

(写真はWikipedia 日本航空115便しりもち事故より)

6月2日の不幸

1941年
【早世】ルー・ゲーリッグ(Henry Louis "Lou" Gehrig)【プロ野球選手/アメリカ】

ベーブ・ルースに次ぐ看板選手としてニューヨーク・ヤンキースで活躍した強打のメジャーリーガー。故障をいとわない頑丈さから"アイアン・ホース"と呼ばれ、2,130試合連続出場の大記録を誇る(後に衣笠祥雄、カル・リプケンJr.が更新)左投げ左打ちの一塁手。2度のリーグMVP、三冠王1回、本塁打王3回、打点王5回、生涯打率.340、生涯出塁率は歴代5位の.447という見事な数字を残した。しかし、35歳頃からどこか体の不調を感じるようになり、やがて日常生活にも支障が出るレベルにまで悪化。1939年5月2日に自ら不出場を直訴、連続記録は止まった。その後の診断により、当時まだ珍しかった筋萎縮性側索硬化症(ALS)であることが発覚、現役引退となった。このことからALSは"ルー・ゲーリッグ病"とも呼ばれている。引退の2年後に37歳で死亡。引退セレモニーでのスピーチ、「(難病に冒されていても)私は今地球上で最も幸せな男です」はアメリカの歴史上でも最も有名なスピーチのひとつとして知られている。

1948年
【処刑】カール・ブラント( Karl Franz Friedrich Brandt)【医師/ドイツ】

ナチスドイツの総統付医師としてヒトラーに仕え、フィリップ・ボウラーとともに第二次世界大戦期の障害者・病人を安楽死させる「T4作戦」を監督・主導した医師。人体実験などを積極的に行なっていたことでも知られている。しかし戦局の悪化した1944年10月5日にヒトラーの怒りを買い解任、すぐさまゲシュタポに捕らえられ死刑を宣告されたが、ヒトラーの後を継いだデニッツにより釈放。終戦後アメリカ軍により行なわれたニュルンベルク継続裁判の医者裁判で非人道的犯罪などの罪状により死刑に。ランツベルク刑務所で他の6人のナチス・ドイツ関係者とともに絞首刑に処された。没年44歳。

1972年
【事故死】ブルース・マクラーレン(Bruce Leslie McLaren)【レーシングドライバー・レーシングチーム経営/ニュージーランド】

1959年にクーパーからデビューし、その年に23歳で初優勝を遂げたF1レーサーであり(通算優勝4回・通算獲得ポイント数248)、現役中の1966年には独立し自らのレーシングチーム「マクラーレン」を創始した人物。後の1980年代〜2000年代のF1グランプリで栄光を築くことになる強豪チームの基礎を築いたが、その常勝期を見ることなく、グッドウッド・サーキットでのテスト走行中に事故死した。没年32歳。

1977年
【急死】スティーヴン・ボイド(Stephen Boyd)【俳優・北アイルランド】

『ベン・ハー』や『ミクロの決死圏』等の人気映画への出演で知られた俳優。心臓発作で45歳没。

1978年
【航空事故】「日本航空115便接触事故」

大阪・伊丹空港着陸時に機体の尾翼が滑走路に接触してしまうという不良着陸の事故。バウンドした機体の揺れで、3名の負傷者を出すだけにとどまったために、あまり記憶に残っている航空事故ではないが、ボーイング社が行なったこの機体の修理が原因となり、後の1985年8月12日に乗員乗客524名のうち死亡者数は520名、生存者4名という単独機での世界最多死亡者を出した航空事故、「日本航空123便墜落事故」を引き起こすことに繋がってしまった。機体の後部圧力隔壁に残ったままになっていた亀裂は、この日の小さな事故で生じたものだったといわれている。

1978年
【死去】サンティアゴ・ベルナベウ(Santiago Bernabéu de Yeste)【サッカー選手・サッカークラブ会長/スペイン】

14歳で入団した"20世紀最大のフットボール・クラブ"レアル・マドリーで活躍した伝説的な点取り屋であり、1943年9月15日からは同クラブの会長として1974年にスペイン最大のスタジアム「ヌエボ・エスタディオ・チャマルティン」を建設、1952年からは前人未踏のUEFAチャンピオンズカップ5連覇に導くなど、同クラブを世界的なビッグクラブへと牽引した人物。て1955年1月4日からはその功績を称えられヌエボ・エスタディオ・チャマルティンは、「エスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウ」と改名された。82歳没。

1994年
【死去】神保史郎【マンガ原作者】

マンガ『サインはV』アニメ『花の子ルンルン』等人気少女マンガの原作を手がけたことで知られる人物。同時に、多くの成人マンガの原作も手がけていたことでも知られている。ヘルペス脳炎で46歳没。

2003年
【死去】フレッド・ブラッシー(Fred Blassie)【プロレスラー/アメリカ】

1950年代以降、プロレス創生期のアメリカ活躍したプロレスラー。噛みつき攻撃や毒舌などを駆使した典型的なヒールとして大成し、1962年には力道山率いる日本プロレスに初来日。"銀髪鬼""吸血鬼"と呼ばれたその反則も辞さないファイトスタイルで日本国民に衝撃を与え、4月27日に行なわれた6人タッグマッチで、グレート東郷を噛みつき攻撃で大流血させ、テレビ視聴者だった複数の老人をショック死させたことで話題となった。引退後は悪徳マネージャーとして活躍するなど、生涯にわたりプロレスビジネスに携わり続け、心臓疾患、腎臓疾患で85歳没。

2003年
【死去】小鶴誠【プロ野球選手】

大学進学の傍らプロ野球名古屋軍に入団し、すぐさま天才的な打撃で"和製ディマジオ"と呼ばれるほどの活躍を見せた伝説的選手。松竹ロビンス在籍時の1950年に"水爆打線"の要としてプロ野球初の50本塁打を記録し(51本塁打)、同時に143得点、376塁打、161打点という現在でも破られることのない歴代最高記録を打ち立てた。また、その年に「ボールが止まって見えた」という伝説的な言葉を残したことでも知られる。引退後はコーチ・スカウトや、解説者として活動し、プロ野球から離れた後も還暦までバッティングセンターで毎日200本の打ち込みを続けていたという。心室細動で80歳没。

2008年
【死去】 長沼健【サッカー選手・サッカー指導者・日本サッカー協会会長】

中央大学を経て古川電工に入社し、同社のサッカー部のエース・ストライカーとして1部昇格、天皇杯制覇、実業団日本一など数々の栄光に牽引した。1959年からは28歳にして同クラブのプレーイングマネージャーとなり、1962年には現役選手のまま日本代表の監督に就任。ドイツから招聘された戦術コーチのデットマール・クラマー、コーチの岡野俊一郎とともに築いた三頭体制で1968年のメキシコオリンピック銅メダルに導いた。引退後は日本サッカー協会の発足に携わり、役員、会長としてサッカーのプロ化を目指した改革を推し進め、日本サッカー界のトップとして長年にわたり君臨、Jリーグ発足、ワールドカップ初出場にトップとして関わった。晩年は同協会の名誉会長として活動したが、肺炎で77歳没。

2008年
【死去】ボ・ディドリー【ミュージシャン/アメリカ】

1955年にデビューし、チャック・ベリーやリトルリチャードらとともにロックンロール草創期に活躍した伝説的な歌手。同年に当時の大人気音楽番組『エド・サリヴァン・ショー』へ黒人ミュージシャンとしては初めて出演するも、番組側の要請に従わなかったために以降出演することはなかった。晩年まで精力的にライブ活動を続けたが、2007年5月13日に公演先のアイオワ州カウンシルブラフスで脳卒中を起こし入院。すぐさま退院したが後遺症が残り、リハビリを続けたものの翌年フロリダの自宅で心不全のため死亡した。79歳没。