『1915年のサグラダ・ファミリア』

サッカーのFCバルセロナとともにカタルーニャの象徴である未完の教会「サグラダ・ファミリア」。その完成を待たずに1926年6月10日に路面電車に轢かれて亡くなったのが、サグラダ・ファミリアを生んだ世界的建築家、アントニ・ガウディである。カサ・ミラ、グエラ公園等多くの代表作を遺したが、後半生は1883年に着手したサグラダ・ファミリアの建築に没頭した。しかしパトロンの死去など様々な不幸が続き、その建築は難航した。やがてその苦難のためにガウディは浮浪者のような外見のままに作業を続け、電車に轢かれた際も治療が遅れたという。没年73歳。ちなみに、着工当初は完成に300年かかるといわれたサグラダ・ファミリアは、現在では2026年に完成予定といわれている。

(写真はWikipedia サグラダ・ファミリアより。Public Domain)

6月10日の不幸

1年
準備中
1926年
【事故死】アントニ・ガウディ(Antoni Plàcid Guillem Gaudí i Cornet)【建築家/カタルーニャ・スペイン】カタルーニャの象徴である未完の教会「サグラダ・ファミリア」を生んだ世界的建築家。カサ・ミラ、グエラ公園等多くの代表作を遺したが、後半生は1883年に着手したサグラダ・ファミリアの建築に没頭。しかしパトロンの死去など様々な不幸が続き、その建築は難航した。やがてその苦難のためにガウディは浮浪者のような外見のままに作業を続け、その完成を待たずに1926年6月10日に路面電車に
1991年
【死去】ディック・ミネ【歌手・俳優・タレント】ドラマー時代に淡谷のり子に見出されて歌手デビュー。代表曲に『夜霧のブルース』等。俳優、タレントとしてもマルチに活躍した。"ディック"の名前はその巨根から名付けられ、四人の妻との間に十人の子供を設けたプレイボーイだった。急性心不全で82歳没。
1992年
【死去】中村八大【作曲家】作詞・永六輔との"六・八コンビ"で大ヒット曲を連発した作曲家。『上を向いて歩こう』、『こんにちは赤ちゃん』、『遠くへ行きたい』、『明日があるさ』等。晩年は鬱病を患いセミリタイアしていた。心不全で死去。没年61歳。
1993年
【死去】猪俣公章【作曲家・作詞家】古賀政男に師事し活躍した演歌の作曲家。デビュー以来『港町ブルース』『おふくろさん』森進一のヒット曲を手がけたことで知られる。晩年は坂本冬美、マルシアを自宅に住み込ませ育て上げた。肺ガンで55歳没。
1996年
【死去】フランキー堺【俳優】映画『私は貝になりたい』の主演で知られる喜劇俳優、ミュージシャン。肝不全で67歳没。
1996年
【死去】宇野千代【小説家】晩年まで活躍した小説家、随筆家。代表作に『おはん』『生きて行く私』等。ファッション雑誌『スタイル』を創刊した編集者としても知られ、着物のデザインなどにも実業にも進出した。急性肺炎で98歳没。
2002年
【死去】近藤和彦【プロ野球選手】"天秤打法"なる特殊な打ち方で主に太陽ホエールズで活躍した一塁手、外野手。1961年に盗塁王獲得、ベストナインには7度選ばれた、リーグを代表する選手だった。通算1,736安打、生涯打率.285。引退後は大洋ホエールズのコーチとして後進の指導にあたるが、多臓器不全で66歳没。
2004年
【死去】レイ・チャールズ(Ray Charles Robinson)【ミュージシャン/アメリカ】6歳の頃に緑内障で失明。デビュー以来長きにわたりヘロインを常用していたが数度の逮捕の後に克服、キャリアを通じて" The High Priest of Soul(ソウルの指導者)"と呼ばれるほど偉大なソウル・シンガーとして活躍した。代表曲に『我が心のジョージア』『アンチェイン・マイ・ハート』等。サザン・オールスターズの『愛しのエリー』をカバーしたことでも知られる。肝臓ガンで73歳没。
2005年
【死去】永島慎二【漫画家】『ガロ』や『COM』等の作家性の強いマンガ雑誌で活躍した青年漫画家。代表作に『漫画家残酷物語』『柔道一直線』等。慢性心不全のため67歳没。
2008年
【死去】水野晴郎【映画評論家・映画監督】日本テレビ系テレビ『水曜ロードショー』『金曜ロードショー』の解説を長らく務めた映画評論家。「いやぁ〜、映画ってホントにいいもんですね」の決め台詞でお茶の間の顔となった。晩年は自ら陸軍大将山下奉文になりきって主演・監督・脚本を務め、異様に長回しのカットにこだわったカルト映画『シベリア超特急』の製作に没頭(監督名はMIKE MIZUNO)。シリーズ最終作である6の準備中に肝不全で76歳没。
2012年
【無差別殺人事件】【事故死】南野信吾【音楽プロデューサー】ロックバンド「BOICE」のボーカルとして活躍後、デジターボに入社。同社音楽部門の「GEORIDE」のプロデューサーに就任し、ニトロプラス発売のゲームソフトの音楽を担当。2012年6月10日、住所不定無職の礒飛京三が起こした「大阪心斎橋通り魔殺人事件」の被害者のひとりとして刺殺された(他女性1名も死亡)。没年42歳。