『誕生日の6月19日に発見された太宰治の遺体』※左写真は太宰治の黒マント姿

1943年6月13日は『人間失格』等の著作で知られる太宰治が愛人の山崎富栄とともに玉川上水で心中した日である。
太宰は作家として知られる前から自殺未遂を繰り返しており、20歳の時にカルモチンで自殺未遂、21歳の時にカフェの女給であった人妻・田部シメ子と鎌倉の小動岬の海で入水心中未遂(田部シメ子のみ死亡)、26歳で東京新聞社の就職試験に落ちて首吊り自殺未遂、27歳で内縁の妻であった小山初代が浮気していたことを知って心中未遂と、4回の自殺未遂を起こしてからの5回目でやっと死亡となった。発見された遺体は、山崎富栄医と赤い糸で繋がっていたという。まさに《自殺に支配されたような人生》を送った太宰。一説にはこちらも自殺未遂の果てに自殺した芥川龍之介の自殺に影響を受けたとされるが、先立った多くの文豪たちもまた太宰とは“赤い糸”で繋がっていたというのだろうか。

(写真はともにWikipedia Osamu Dazaiより。Public Domain)

6月13日の不幸

1645年
【死去】宮本武蔵【剣術家】生涯不敗を謳われた伝説の剣豪。二本の刀を同時に使用する「二天一流兵法」の開祖。その極意を『五輪の書』として遺した。肺ガンのため61歳没。
1931年
【死去】北里柴三郎【医学者・細菌学者】

世界で初めてペスト菌や破傷風の治療法を発見し医学の向上に絶大な貢献を果たした"日本における細菌学の父"。 ドイツへ留学し"近代細菌学の開祖"ロベルト・コッホに師事し、帰国後に伝染病研究所を設立。そのほかにも慶應義塾大学医学部の創立に携わり初代学部長を務めたほか、 日本医師会を創設し初代会長に就任するなど、日本の医学の発展に寄与し続けた。6月13日早朝5時に脳溢血で死去。没年78歳。

1948年
【自殺】【心中】太宰治【小説家】『走れメロス』『人間失格』等数々のヒット作で知られる小説家。幾度の自殺未遂の果てに、愛人の山崎富栄とともに玉川上水で心中した。発見された遺体は、山崎富栄医と赤い糸で繋がっていたという。37歳没。
1977年
【早世】マシュー・ガーバー(Matthew Garber)【俳優/イギリス】

子役として8歳で映画『メリー・ポピンズ』に出演し、ジョージ・バンクスの息子、マイケル・バンクス役を好演。その後は1967年に1本の映画に出演し引退。膵炎による昏睡を経て死去。没年21歳。

1982年
【競技中事故死】リカルド・パレッティ(Riccardo Paletti)【レーシングドライバー/イタリア】

イタリアF3、ヨーロッパF2を経て1982年第4戦サンマリノGPでオゼッラからF1デビューを果たしたF1レーサー。同年の第8戦カナダGPdで3度目の決勝進出を果たしたが、決勝スタート時にポールポジションのディディエ・ピローニ(フェラーリ)がエンジンをストールさせ停止状態に。後続車は挙手で合図するピローニを避けてスタートしたが、23位という最後方から発車したパレッティは合図に気付くのが遅れて激突。車体前方の運転席が押し潰されて、両足を骨折。胸部をハンドルで圧迫されたまま車体が炎上し、救出に時間を要した。その後病院に搬送されたが胸郭破裂で死亡。没年23歳。ちなみにピローニは、ほぼ無傷であった。その死後、故郷であるパルマのサーキットは「リカルド・パレッティ・サーキット」と改名された。

1983年
【イジメ】【教育問題】「戸塚ヨットスクール事件」

不登校児や非行少年の受け入れ先として話題となっていた愛知県知多郡美浜町のヨットスクール「戸塚ヨットスクール」の校長の戸塚宏が傷害致死容疑で逮捕された。同校では訓練中の傷害事件や死亡事件が多発していた。19年にわたる裁判の結果、戸塚の懲役6年と起訴されたコーチら15人全員が有罪となった。

1996年
【航空事故】「福岡空港ガルーダ航空機離陸事故」

福岡空港からインドネシア・バリ島デンパサール経由で、同国の首都ジャカルタに向かう予定のガルーダ・インドネシア航空865便が、離陸滑走中に右翼第3エンジンが故障。既に機体が僅かに浮いていたために滑走路をオーバーランし不時着し、その衝撃で炎上。乗客260人のうち3名が死亡した。エンジン故障の原因はエンジン内の高圧タービンブレードが製造メーカーの推奨期間を超えた使用による疲労で破断したことであった。

2002年
【死去】 村田英雄【歌手】

浪曲歌手から演歌歌手に転身し、国民的人気を博した昭和を代表する歌手。『王将』『無法松の一生』等のヒット曲で知られ、NHK紅白歌合戦に27回出場するなど長きにわたり活躍を見せた。晩年は35歳の頃から発症した糖尿病が悪化し、合併症のため視力障害や両脚を切断するまでに至り、最終的には糖尿病の合併症からの肺炎で死亡。没年73歳。

2009年
【事故死】三沢光晴【プロレスラー】全日本プロレスに入門、2代目タイガーマスクとして人気を博したレスラー。マスクを脱いだ後はジャンボ鶴田との世代抗争で同団体を牽引し、ジャイアント馬場亡き後はプロレスリング・ノアを立ち上げて独立。名実ともに日本のトップレスラーとしてプロレス界に君臨した。2009年6月13日の試合中に齋藤彰俊バックドロップを喰らい即死。死因は頸髄離断。業界一受け身の上手いレスラーとして知られた三沢らしからぬ悲劇だった。没年46歳。
2012年
【死去】畑中純【漫画家】

力強い線と、版画もとり入れた作風で知られるマンガ家。代表作に『まんだら屋の良太』等。2007年からは東京工芸大学芸術学部マンガ学科教授にも就任した。腹部大動脈瘤破裂で62歳没。

2013年
【政治事件】【暴露】「スノーデンがアメリカ政府を告発」

NSA(アメリカ国家安全保障局) 、CIA(中央情報局)の元局員であるエドワード・スノーデンが、香港に渡り現地のマスコミ『ガーディアン』『ワシントン・ポスト』『サウスチャイナ・モーニング・ポスト』の取材中に、NSAの個人情報収集を告発。アメリカ政府の犯罪を暴く形となり監視社会の事実が明らかになった。