『兵士としての自画像』エルンスト・キルヒナー作

1938年6月15日は、ナチス・ドイツにより自らの作品を「退廃芸術」とされたことに絶望したエルンスト・キルヒナーが、自宅でピストル自殺をした日である。

(Wikipedia Ernst Ludwig Kirchnerより。Public Domain)

6月15日の不幸

1年
準備中