『フォエの突然死を偲んで所属チームマンチェスターシティのスタジアムに献花された花』

2003年6月26日はカメルーン代表の中心となっていたフットボール選手、マルク≡ビビアン・フォエが試合中に突然死した日である。かつて所属していたフランスのクラブ、オリンピック・リヨンのホームスタジアム、スタッド・ジェルランで行なわれていたFIFAコンフェデレーションズカップの準決勝、カメルーン対コロンビア戦に出場していた同選手は、後半27分に心臓発作を起こして死亡。没年28歳だった。2007年のプエルタ(セビージャ所属22歳)、2009年のハルケ(エスパニョール所属26歳)、そして2011年の松田直樹(松本山雅所属34歳。練習中)と、近年のフットボーラーを襲う突然死という悲劇の皮切りとなった事件でもあった。フィジカルエリートである彼らが一瞬にして死ぬその原因は、巨大商業化するフットボールビジネス、増え続ける試合数にもあるのではないかと議論されているが、未だにその規模、試合数は増える一方である。

(写真はWikipedia Marc-Vivien Foé より)

6月26日の不幸

1年
準備中
2003年
【突然死】マルク=ヴィヴィアン・フォエ(Marc-Vivien Foé)【サッカー選手/カメルーン】ランス、オリンピック・リヨン、マンチェスター・シティ等のクラブチームにに所属し、カメルーン代表の中心だったフットボール選手。かつて所属していたオリンピック・リヨンのホームスタジアム、スタッド・ジェルランで行なわれていたFIFAコンフェデレーションズカップの準決勝、カメルーン対コロンビア戦に出場していたが、後半27分に心臓発作を起こして死亡。没年28歳だった。
2005年
【早世】【突然死】林由美香【AV女優】1980年代〜2000年にかけて、アダルトビデオやピンク映画で長く活動したAV女優、女優。36歳の誕生日の1日前、自宅にて突然死。薬物摂取や飲酒との関係が囁かれているが、警察発表は自然死。その早すぎる死後も、プライベートで不倫関係にあった平野勝之監督の『監督失格』等が発表されるなど、未だに存在感を放っている希有な女優である。