『下山定則総裁を轢いたとされる機関車の捜索、搬出される下山の遺体、下山定則初代日本国有鉄道総裁(写真左から)』

1949年7月6日は、当時の国鉄総裁であった下山定則が前日からの失踪の後に轢死体となって発見された日である。
この「下山事件」は日本が第二次世界大戦に敗戦直後、連合国の占領下にあった当時に発生した事件で、報道では自殺説・他殺説が錯綜したが、警視庁は捜査結果を発表することなく捜査を打ち切り。この1949年には「下山事件」の他に、「三鷹事件」「松川事件」と国鉄に関わる不審な怪事件が立て続けに起き「国鉄三大ミステリー事件」と呼ばれ、いずれも終戦直後の混乱期に於ける暗部を露呈した“未解決事件”である。中でも下山事件は現職の国鉄総裁が惨殺されているにもかかわらず誰も容疑者が挙げられず、不気味さという意味では突出した事件である。

(写真はWikipedia 下山事件より。Public Domain)

7月6日の不幸

1893年
【死去】ギ・ド・モーパッサン(Henri René Albert Guy de Maupassant)【小説家・詩人・劇作家/フランス】

19世紀フランス自然主義を代表する小説家。代表作に小説『女の一生』等。先天性の梅毒により弱視であり、晩年はさらに病状が悪化、酷い不眠症もあり麻酔薬を乱用するなどして生活していたが、1891年頃に発狂。翌年には自殺未遂を起こしパリ16区パッシーにある精神病院に入院し、そのまま1893年に死亡。没年43歳。生涯独身であった。

1938年
【死去】御木徳一【宗教家】

ひとのみち教団(現・PL教団)の開祖として知られる人物。御嶽教徳光大教会教祖として知られる金田徳光の元で教師を務め、その死後解散した徳光大教会を再建。 その後、扶桑教人道徳光教会、扶桑教ひとのみち教団と改称し、1936年に息子の御木徳近に譲位。同年9月28日に教団の娘を強姦した容疑で警察に逮捕され、厳しい取り調べで衰弱し、保釈後の自宅療養中に死亡。没年67歳。死後の1944年に教団の不敬罪が確定するも、翌年マッカーサー司令部令により無罪となり教団は存続した。

1949年
【未解決事件】【事故死】下山定則【鉄道官僚・政治家】

東京帝国大学工学部機械工学科を卒業し鉄道省に入省。第二次大戦後は名古屋鉄道局、東京鉄道局の局長を歴任し、1949年6月1日に日本国有鉄道(国鉄)が発足した際、その初代総裁に就任した。1949年7月1日に10万人の国鉄職員の解雇を決定、4日には組合側に第一次整理の30,700人を通告した直後の7月6日未明、東京都足立区の常磐線と東武伊勢崎線が交差する地域から轢死体となって発見された。没年47歳。他殺、自殺かは不明の未解決事件「下山事件」と呼ばれている。

1971年
【急死】ルイ・アームストロング(Louis Armstrong)【ミュージシャン/アメリカ】"サッチモ"の愛称でも知られる20世紀を代表するジャズ・ミュージシャン。ジャズをポピュラーミュージックに昇華した最大の功労者であり、優れたトランぺッターでありながら不朽の代表曲『What a Wonderful World』のように、優れた歌手でもあった。睡眠中に心臓発作で死亡。没年69歳。
1979年
【早世】ヴァン・マッコイ(Van Allen Clinton McCoy)【音楽プロデューサー・作曲家/アメリカ合衆国】

1975年にインストゥルメンタルのアルバム『ディスコ・ベイビー』を発表し、同作からシングルカットされた『ハッスル』が世界的に大ヒットし、ディスコ・ブームを巻き起こした音楽プロデューサー。その他にも日本の高校野球の応援歌として使用されている『アフリカン・シンフォニー』の作曲者としても知られる。心臓発作で急死。39歳没。

1988年
【急死】東八郎【コメディアン】東京・浅草のフランス座で活躍した昭和のコメディアン。小島三児、原田健二と共に結成した「トリオ・ザ・スカイライン」の活動でも知られる。テレビ『志村けんのバカ殿様』の家老役など他出演多数。次男にお笑いコンビTake2の東貴博がいる。自宅滞在時に脳溢血で急死。没年52歳。
2006年
【自殺】フアン・パブロ・レベージャ(Juan Pablo Rebella)【映画監督・脚本家/ウルグアイ】

2004年の代表作『ウィスキー』で東京国際映画祭グランプリ、カンヌ国際映画祭国際批評家連盟賞等を受賞した映画監督。2006年に自宅アパートで拳銃自殺。没年32歳。

2007年
【自殺】美咲沙耶【AV女優】2005年デビューのロリ系AV女優。7月6日未明に東京・代々木の自宅マンションで首吊自殺。自殺3日前「最近暗い文しか書けなくなった」とブログに投稿していた。
2013年
【急死】金子勇【プログラマー・ソフトウェア開発者】ファイル共有ソフト「Winny」の開発者。2003年11月はWinny経由で著作物を送信した人物が逮捕され、2004年5月10日にはその開発者である金子自身も著作権法違反幇助の疑い逮捕。1度は有罪判決が下るも、控訴の後に逆転無罪に。しかし2013年に急性心筋梗塞のため急死。没年42歳(推定)。