『エイダ・エマの撮影したコナン・ドイルの心霊写真』

1930年7月7日は『シャーロック・ホームズ』シリーズの作者として知られるコナン・ドイルが死亡した日である。本人の意向とは関係なく大ヒットしたホームズ作品にはあまり強い思い入れはなかったと言うが、晩年はスピリチュアル(=心霊主義)に傾倒し、全ての名声をその実証にのために捧げてもいいと語るほどの心酔ぶりだったという。その象徴としては、最も有名な心霊写真のひとつである「コディングリー心霊写真」の強力な肯定者であったことであろう(後にトリックだったことを撮影者が告白。だが最後の1枚のみ真実だと言い張った)。大作家の怪奇趣味に、世間は戸惑い、晩節を汚したというのが社会的な評価であるが、同じく心霊主義に傾倒した妻は、夫の死に際しても「精神の、別の世界への旅立ち」ととらえてパーティのような葬式を挙げたという。その意味においては死を達観した強い生き方とも考えられ、虚飾まみれのこの20世紀前半の心霊主義にも、ひとつの真実が存在しているように思えなくもない。ちなみに、この写真を撮影したエイダ・エマは合成写真のトリックが露見してすぐさまそのキャリアを失っている。

(Wikipedia コナン・ドイルより。Public Domain)

7月7日の不幸

1年
準備中