『イェーガンの肖像』ジョージ・クルックシャンク画

1833年7月11日は、オーストラリアのヨーロッパ陣による入植と戦った先住民族=アボリジニ、ヌンガー族の戦士であるイェーガンが、キーツ家の兄弟に撃ち殺された日である。逮捕後の脱獄、そして襲撃と度重なる抵抗を見せていたイェーガンには、当時の金額で30ポンドが賭けられていたため、キーツ家の少年達(18歳の兄ウィリアムとと13歳の弟ジェームズ)は、追われていたイェーガンにかくまう旨を伝えてだまし討ちを図り、銃殺に成功した(ウィリアムは槍で死亡)。しかしその卑怯なやり方は入植者の間でも非難を集め、キーツ家はオーストラリアから姿を消したという。
 そして遺体から切り取られた首はその死後も数奇な運命を辿る。どこかで展示した方がよいのではと考えた入植者のジョージ・フレッチャー・モーは、約3カ月間ユーカリのチップでスモークし、燻製とした(クルックシャンクの肖像画は燻製後のもの)。そしてイギリス陸軍中尉であったロバート・デールによって本国に持ち出された首は、外科医のトーマス・ペティグルーによって《見世物》として公開された。以降、その劣化が激しくなった1964年まで“文化人類学上の珍品”として展示されていたと言われている。その後は無縁仏としてリヴァプールの地に埋葬されたイェーガンの首であったが、ヌンガー族の訴えによって1997年に返還されたが、部族間で論争が分かれたこともあり、再び埋葬をするまでに10年以上の時間の争いがあり、2010年にようやく埋葬された。その戦士としての誇り高い頭部が胴体から切り取られてから180年が経過して、やっとのことで埋葬されたのだった。

(画像はWikipedia Yagan より。Public Domain )

7月11日の不幸

1年
準備中
1833年
【暗殺】イェーガン【ヌンガー族の戦士】19世紀初頭のイギリスによるオーストラリア入植に抵抗したアボリジニ、ヌンガー族の戦士。懸賞金のために白人少年の兄弟により射殺された。その後、燻製にされた頭部はイギリスに持ち出され、100年もの間見世物として公開され続けたという。
1991年
【暗殺】【未解決事件】「悪魔の詩訳者殺人事件」1988年にイギリスで出版された、サルマン・ラシュディ(イギリス)の小説『悪魔の詩』を翻訳した筑波大学助教授の五十嵐一が大学内のエレベーターホールで刺殺された。ムハンマドの生涯をショッキングに描いた同作品関係者に対しては、1989年2月に、イラン最高指導者ホメイニにより死刑宣告が出されていた。犯人は未だ不明。五十嵐教授の机の中からは殺されることを予見したような書き置きが発見された。
1994年
【自殺】サバンナ(Savannah)【ポルノ女優/アメリカ】(つづきから)収入も莫大であったが、ドラッグの常習などで財政的には破綻していたという。1994年7月11日の深夜2時頃に車を運転中、自宅近辺の塀に激突事故。顔に大きな傷を負い、マネージャーに電話をしたが、その直後に拳銃自殺。女優としては致命的な顔の傷を気に病んだとも言われている。没年23歳。
1994年
【自殺】サバンナ(Savannah)【ポルノ女優/アメリカ】1990年代のアメリカを代表するポルノスター。10代でオールマンブラザーズバンドのグレッグ・オールマンと交際、その後はミスタービッグのビリー・シーン、モトリー・クルーのヴィンス・ニール、ガンズ・アンド・ローゼズのスラッシュ、俳優のマーク・ウォールバーグ等ロック・スターを中心にド派手な交際関係を誇った。その一方で同業のポルノ女優、ジーナ・ファインとのレズビアン関係も長く続けた。(続く)
2005年
【急死】橋本真也【プロレスラー】猪木・馬場、長州・藤浪世代に続くプロレス第3世代の"闘魂三銃士"として武藤敬司、蝶野正洋らと新日本プロレスで活躍。小川直也戦、トニー・ホーム戦などの連戦で激闘を繰り広げた。新日本離脱後は自らの団体「ZERO-ONE」を立ち上げ、大谷晋二郎らとともに活動したが、経営難もあって団体は崩壊。フリーのレスラーとして再起直後に脳幹出血で急死。没年40歳。死後、息子の橋本大地もプロレスラーの道を選んでいる。