『イバラとハチドリのネックレスを付けたフリーダ・カーロの自画像』1940年

1954年7月13日はメキシコを代表する画家、フリーダ・カーロが死亡した日である。
この作品は、夫である画家のディエゴ・リベラとの離婚、写真家のニコラス・ムライとの失恋をした時期に描かれたもので、イバラがその首筋に食い込み、死んだハチドリを身に付けていることからもわかるように、私生活での荒廃がそのまま現われている。
このエピソードからもわかるように、フリーダ・カーロは自らの人生の体験を作品に投影し、夫の浮気、離婚、不妊体質等、当時の世界では、特に女性としては表現することがタブーとされたジャンルに踏み込むような作品を数多く発表したアーティストである。
晩年は度重なる浮気で離婚したリベラと再婚し、その精神の安定させることに成功したというが、身体が彼女を蝕んでいた。右手は急性真菌性皮膚疾患なる病のために絵を描くこともままならず、右足も血行障害の後に切断している。自殺への葛藤もあったようだが、最後まで生き抜いて死亡した彼女の作品は、『青の家』と呼ばれた終の棲家『フリーダ・カーロ記念館』で現在も展示されている。

(画像はWikipedia Frida Kahloより)

7月13日の不幸

1年
準備中
1954年
【死去】フリーダ・カーロ(Magdalena Carmen Frida Kahlo y Calderón)【画家/メキシコ】(つづきから)自殺への葛藤もあったようだが、最後まで生き抜いて死亡した彼女の作品は、『青の家』と呼ばれた終の棲家『フリーダ・カーロ記念館』で現在も展示されている。肺炎で47歳没。
1954年
【死去】フリーダ・カーロ(Magdalena Carmen Frida Kahlo y Calderón)【画家/メキシコ】メキシコを代表する女性画家。生涯にわたり自画像を描き続け、自らの人生の体験を作品に投影し、夫の浮気、離婚、不妊体質等、当時の世界では、特に女性としては表現することがタブーとされたジャンルに踏み込むような作品を数多く発表した。晩年は、急性真菌性皮膚疾患なる病のために右手に障害を持ち、絵を描くこともままならず、右足も血行障害の後に切断している。(つづく)
1995年
【急逝】マッティ・ペロンパー(Matti Pellonpää)【俳優/フィンランド】ヘルシンキ出身のフィンランドを代表する俳優・ミュージシャン。長髪とヒゲ、そしてコミカルな演技で、アキ・カウリスマキ監督の映画作品には欠かせない存在の名優として知られる。代表作に『ラヴィド・ボエーム』『レニングラード・カウボーイズ』シリーズ等々。44歳で心臓発作のために急死。
2002年
【死去】ユーサフ・カーシュ(Yousuf Karsh)【写真家/カナダ】トルコ出身のカナダ人写真家。『LIFE』誌の表紙を飾った英首相ウィンストン・チャーチルのポートレートを始め、ダリ、アインシュタイン、ヘミングウェイ等々当時の世界的超有名人らのモノクロームのポートレートを手がけた。手術後の合併症で死亡。93歳没。
2013年
【早世】【薬物過剰摂取】コリー・モンティス(Cory Allan Monteith)【俳優/カナダ】大ヒットドラマ『glee/グリー』のフィン役で知られる新進俳優。死亡した2013年の初め頃には薬物依存治療のために長期入院していたが、退院後3カ月で、アルコールとドラッグの過剰摂取で死亡。死体はバンクーバーのホテルで発見され、シャンパンのボトルと薬物反応のあるスプーン、注射器もそのその傍らで発見された。没年31歳。