『ブレーメン博物館などで展示されていたへへ族の指導者、ムクワワの頭蓋骨』

1898年7月19日は、ドイツによる東アフリカ侵略に最後まで激しく抵抗したへへ族のリーダー、ムクワワが自殺を遂げた日である。第一次大戦以前、ヨーロッパ諸国の領土拡大のための草刈り場となっていたアフリカ大陸にあって、現在のブルンジ、ルワンダ、タンザニアである東アフリカ地域もその例外ではなく、ドイツに侵略をされドイツ領東アフリカとされた。そのタンザニア地域で最後まで戦った部族のリーダームクワワは、植民地長官エミール・フォン・ツェレウスキの軍を破りその量感を殺害するなど、めざましい抵抗をみせたのだが、最後は大軍を送り込んできたドイツ軍の前に敗走し、拘束される直前で拳銃自殺を遂げた。
するとその頭骨はドイツのベルリンに持って帰られ、博物館で展示される《勲章品》となったのだ。第一次大戦後、1919年のヴェルサイユ条約には、ムクワワの頭骨の返還が規定されたのだが、ドイツはそれを拒否、その返還は第二次大戦後、ドイツが国際的な大敗を喫してようやくなされたというから(しかもタンザニカ総督が展示されているところまで乗り込んで初めて)、ドイツにとって、先住民の首がいかに大切だったかがわかるというものだ。
 驚くのは、これが今からたった100年前に行なわれていたということなのである。いわゆる《首狩り族》が相手の首を《トロフィー》と呼んで誇る風習を見ると、我々は彼らを自らとは違う、遅れた、野蛮な民族であると感じるだろう。しかしそれとほぼ同様の行為を、ヨーロッパ先進国の、経済大国の、実利主義大国のドイツがたった100年前まで行なっていたのである。そう考えると民族間の文化の差異は、未開と先進国との文化的な差異は、我々が今感じているよりも遙かに小さいのかもしれないと思う。

(写真はWikipedia Mkwawaより。Open Goverment Licence)

7月19日の不幸

1年
準備中