『乗りウェー連続テロ事件での爆発から31分後のオスロ市街』

2011年7月22日はノルウェーのキリスト教原理主義者、アンネシュ・ブレイビクが「オスロ政府庁舎爆破事件」と「ウトヤ島銃乱射事件」を立て続けに起こし、爆破で8人、銃乱射で69人、両事件合わせて77人を殺害した単独犯行での世界最多殺人事件である(2位は韓国のウ・ポムゴンによる事件)。自動車に仕掛けた多量な爆弾で政府庁舎を爆破したが、この日はサマーバケーションに入っていたために犠牲者は少なくてすんだという。その後警官の制服に着替えてタクシーとボートでウトヤ島に渡ったブレイビクは、ノルウェー労働党青年部の集会に乗り込み、捜査の振りをして整列をさせたあとに片っ端から射殺していったという。政治的信念を持ち、Twitterやネット上で犯行声明を出した上での凶行であったために逮捕後の本人は無罪を主張。その後に統合失調症であると診断されたために無罪になりかけたブレイビクだったが、検察側の控訴の結果、2012年8月23日に禁錮最低10年、最長21年の判決が下された。ノルウェーにおける最高刑であるが、事件のあまりの非道さに法改正の後に死刑を求める声も上がっている。

(Wikipedia 2011 Norway Attackより。Public Domain)

7月22日の不幸

1年
準備中