『1949年のダイアン・アーバスのポートレート』アラン・アーバス撮影

1971年7月26日は、フリークス、奇形やマイノリティの人々ををテーマに撮り続けた写真家、ダイアン・アーバスが両手首を切って自殺した日である。

(写真はWikipedia Diane Arbusより)

7月26日の不幸

1年
準備中