『骸骨と火の着いたタバコ』フィンセント・ファン・ゴッホ作 アントワープのRoyal Academy of Fine Artsに在学中、1885年〜1886年頃の習作

1890年7月29日は、オランダが生んだ不世出の天才画家、ファン・ゴッホの死亡した日である。
37歳という短い人生の中で、数多くの大作を残したポスト印象派の代表的作家であり、現在も世界各国で大いに愛されている画家のひとりであるが、死後その人気が爆発したいわゆる“不遇のアーティスト”の代表格である。
その死後の20世紀に人気を博したのは、その色鮮やかな絵画作品の素晴らしさもさることながら、“耳を切った”“精神病院に入院中に描いた”“銃で自殺した”というファン・ゴッホ自身の奇異なパーソナリティが伝説的に広まったことがその大きな要因である(現在でいうところの統合失調症であったという説が有力)。
そのために、美術業界というよりは大衆によって驚くべきスターダムにのし上げられた作家ともいえ、いまもその作品が多くの日本人にまで親しまれている要因であるといえるだろう。

この『骸骨と火の着いたタバコ』は「学ぶ価値もない」と自ら語っていた学生時代の作品であるが、美術学校の基本的ステップ、「人間の骨格を学ぶ」という授業に退屈しながらも、生涯ずば抜けた色彩的感覚を放ち続けたファン・ゴッホの特長が既に印象的に発揮された作品である。そして何より、晩年の作品の醸し出す苦悩とは対照的な、まだ生気に溢れたユーモアが眩しい。晩年の自画像に刻まれた皺よりも、この若きドクロの方が遙かに生命力が感じられる。人間の人生とはなんであるか——ファン・ゴッホの作品、そして人生は、多くの示唆を与えてくれる。

(写真はWikipedia Vincent Van Goghより。Public Domain)

7月29日の不幸

1年
準備中