『骸骨と火の着いたタバコ』フィンセント・ファン・ゴッホ作

1890年7月29日は、オランダが生んだ不世出の天才画家、ファン・ゴッホの死亡した日である。
37歳という短い人生の中で、数多くの大作を残したポスト印象派の代表的作家であり、現在も世界各国で大いに愛されている画家のひとりであるが、死後その人気が爆発したいわゆる“不遇のアーティスト”の代表格である。
その死後の20世紀に人気を博したのは、その色鮮やかな絵画作品の素晴らしさもさることながら、“耳を切った”“精神病院に入院中に描いた”“銃で自殺した”というファン・ゴッホ自身の奇異なパーソナリティが伝説的に広まったことがその大きな要因である(現在でいうところの統合失調症であったという説が有力)。
そのために、美術業界というよりは大衆によって驚くべきスターダムにのし上げられた作家ともいえ、いまもその作品が多くの日本人にまで親しまれている要因であるといえるだろう。
この『骸骨と火の着いたタバコ』は「学ぶ価値もない」と自ら語っていた学生時代の作品(アントワープのRoyal Academy of Fine Artsに在学中、1885年〜1886年頃の習作)であるが、美術学校の基本的ステップ、「人間の骨格を学ぶ」という授業に退屈しながらも、生涯ずば抜けた色彩的感覚を放ち続けたファン・ゴッホの特長が既に印象的に発揮された作品である。そして何より、晩年の作品の醸し出す苦悩とは対照的な、まだ生気に溢れたユーモアが眩しい。晩年の自画像に刻まれた皺よりも、この若きドクロの方が遙かに生命力が感じられるのだから不思議なものである。《人間の人生とはなんであるか》——ファン・ゴッホの作品、そして人生は、多くの示唆を我々に与えてくれる。

(写真はWikipedia Vincent Van Goghより。Public Domain)

7月29日の不幸

1856年
【死去】ロベルト・シューマン(Robert Schumann)【作曲家/ドイツ】

ベートーヴェンやシューベルトの後継者とされるドイツ・ロマン派を代表する作曲家。幅広い分野で作品を残し。特に『謝肉祭』『子供の情景』等に代表されるピアノ曲や『ゲーテのファウストからの情景』『楽園とペリ』に代表される歌曲等ににおいて高い評価を得ている。私生活では精神衰弱や幻聴などの精神障害が30代以降に発症し、残りの人生に大きくのしかかったといわれ、その病状が最も悪化した1854年2月27日には、天使と悪魔、そして猛獣たちが襲い来るような幻覚の中で、問診に来た医師との会話中にガウン姿のままライン川に飛び込み自殺未遂を行なった。目撃者がいたおかげで救出され一命を取り留めたが、そのままボン近郊のエンデニヒの療養所に入院。その中でも症状はさらに悪化し、絶え間ない錯乱状態の中で聴覚、臭覚、味覚を失い、四肢も動かせなくなり、1856年7月29日午後4時に妻クララの介抱の中で死亡した。没年46歳。後年、その症状から梅毒もしくは水銀中毒であった可能性が議論されている。

1890年
【自殺】フィンセント・ファン・ゴッホ(Vincent Willem van Gogh)【画家/オランダ】

オランダのポスト印象派を代表する人物であり、19世紀の西洋美術を代表する画家。鮮やかな色使いと力強い描画で、20世紀の美術へ絶大的な影響を及ぼしたが、生前に売れた作品は『赤い葡萄畑』の一点だけであったとされるように、その才能に相応しい評価を得られないまま死んでいった"不遇なアーティスト"の代名詞的存在である。死後その作品の記録的高騰が美術界の常識を破ったことで知られ、どちらも日本人が入札に関わった代表作『ひまわり』は3950万ドル(当時約58億円)、『医師ガジェの肖像』は8250万ドル(当時約124億5000万円)で取引された。私生活では、統合失調症等の精神病やてんかんの発作に生涯苛まれていたために悲痛なものが多く、娼館で自ら耳たぶを切り落とした事件や、精神病院への収監を繰り返すなど、激しすぎる私生活で有名な作家でもあった。7月27日、フランス・オーヴェルのラヴー旅館に、左胸に銃創を負ったまま戻り、銃弾は心臓をそれていたものの、29日午前1時に死亡。銃弾の角度が不自然なために誰かをかばったとされる他殺説もあるが、ゴッホ自身は自殺であると語った。没年37歳。急遽駆けつけた弟に語った最後の言葉は、「The sadness will last forever(この悲しみが最後だろう)」だったという。【自殺】フィンセント・ファン・ゴッホ(Vincent Willem van Gogh)【画家/オランダ】オランダのポスト印象派を代表する人物であり、19世紀の西洋美術を代表する画家。鮮やかな色使いと力強い描画で、20世紀の美術へ絶大的な影響を及ぼしたが、生前に売れた作品は『赤い葡萄畑』の一点だけであったとされるように、その才能に相応しい評価を得られないまま死んでいった"不遇なアーティスト"の代名詞的存在である。死後その作品の記録的高騰が美術界の常識を破ったことで知られ、どちらも日本人が入札に関わった代表作『ひまわり』は3950万ドル(当時約58億円)、『医師ガジェの肖像』は8250万ドル(当時約124億5000万円)で取引された。私生活では、統合失調症等の精神病やてんかんの発作に生涯苛まれていたために悲痛なものが多く、娼館で自ら耳たぶを切り落とした事件や、精神病院への収監を繰り返すなど、激しすぎる私生活で有名な作家でもあった。7月27日、フランス・オーヴェルのラヴー旅館に、左胸に銃創を負ったまま戻り、銃弾は心臓をそれていたものの、29日午前1時に死亡。銃弾の角度が不自然なために誰かをかばったとされる他殺説もあるが、ゴッホ自身は自殺であると語った。没年37歳。急遽駆けつけた弟に語った最後の言葉は、「The sadness will last forever(この悲しみが最後だろう)」だったという。