『日本代表でプレイしていた時の松田直樹』

2011年8月4日は、日本を代表するフットボールプレイヤーであり、スケールの大きな大型ディフェンダーであった松田直樹が、34歳の若さで死亡した日である。
8月2日の練習中に急性心筋梗塞で倒れた松田は、すぐさま病院に搬送されたが、一度も意識を取り戻すこともなく2日後に死亡した。
まだ34歳という年齢の現役選手で、しかも日本代表で長らく活躍した有名な選手であっただけに、日本スポーツ界に与えたショックは史上類を見ないほどのものだったといえる。
だが、世界的にみれば、2003年のフォエ(カメルーン)の急死に始まり、2007年にはプエルタ(スペイン)、2009年にはハルケ(スペイン)と、トップレベルの現役フットボール選手が相次いで急死していたことの延長線上に起きた悲劇であったともいえるだろう。
原因としてヨーロッパのクラブシーンでの過密日程が挙げられる他には、現代サッカーのプレイスタイルが、技術よりもフィジカル重視で、絶えず短距離移動と長距離移動とが要求され続けるという“心臓を酷使する”競技と化している点も無関係であるとはいえないだろう。

(画像はWikipedia Naoki Matsudaより)

8月4日の不幸

1年
準備中
1992年
【死去】松本清張【小説家】肝臓ガンで死去。没年82歳。
1996年
【死去】渥美清【俳優】肝臓ガン。没年68歳。
2011年
【急死】【早世】松田直樹【サッカー選手】日本を代表するフットボールプレイヤーであり、スケールの大きな大型ディフェンダー。横浜マリノス、松本山雅FCで活躍。8月2日の練習中に急性心筋梗塞で倒れ、すぐさま病院に搬送されたが、一度も意識を取り戻すこともなく2日後に死亡した。没年34歳。