『RCDエスパニョールでプレイ中のダニエル・ハルケ』2009年撮影

2009年8月8日は、将来を嘱望されたサッカー・スペイン代表の若きディフェンダー、ダニエル・ハルケが遠征先のホテルで突然死した日である。
スペイン・バルセロナにある1部リーグの強豪、FCバルセロナのライバルクラブであるエスパニョールで弱冠26歳にしてキャプテンを務めていたディフェンダーだったハルケ。それは、8月というまだオフシーズンに、プレシーズンマッチを戦うためにいたリオのフィレンツェを訪れていた時の悲劇であった。練習後に恋人との電話をしていた最中に急に無言となったハルケを心配した女性がクラブチームのスタッフにに連絡。スタッフが部屋の中に入ると、心筋梗塞で死亡していたハルケの姿があった。
度重なるフットボーラーの急死の中でも、極めて若い部類に入るハルケの死は、バルセロナ、エスパニョールのファンだけでなく、世界中に知られることになった。
そしてその約1年後、2010年7月11日に開催されたFIFAワールドカップ南アフリカ大会決勝に進出したスペイン代表チームが延長戦の末にオランダ代表を破る決勝ゴールを決めたアンドレス・イニエスタは、その瞬間ユニフォームの下に隠していたメッセージ「DANI JARQUE SIEMPRE CON NOSOTROS(ダニ・ハルケ、僕達はいつもともに)」を披露した。
その瞬間、ダニエル・ハルケの死は永遠の文化となったのだ。
死を記憶してゆくことで、悲劇は文化となり受け継がれる。
現在もエスパニョールのホームゲームでは、21分になると拍手が行なわれる。
チームを率いていた若きハルケの背番号21番を忘れぬように、毎試合行われるその行為こそ、まさに《死文化》と呼ぶに相応しい。

(写真はWikipedia Daniel Jarqueより使用)

8月8日の不幸

1年
準備中
1962年
【死去】柳田國男【民俗学者】日本人探求の大家。代表作に『遠野物語』他。心臓衰弱で、87歳没。
1994年
【死去】鳳啓助【漫才師】京唄子との漫才コンビ「唄子・啓助」で活躍した漫才師。独特なしゃべり方で知られ、「エーッ、鳳啓助でございます」「ポテチン」等の名フレーズは、多くのモノマネ芸を生んだ。上顎洞癌リンパ節転移で死亡。3年前に見つかったガンの治療に際し、"顔は芸人の命"と、顔にメスを入れることを拒んでの死だった。71歳没。
1994年
【事故】「ワルシャワラジオ塔倒壊」高さ646.38メートルという当時は史上最も高い人工建造物として知られたポーランドのラジオ塔が補修作業のミスで倒壊した。
2009年
【早世】【急死】ダニエル・ハルケ(Daniel Jarque)【サッカー選手/スペイン】将来を嘱望されたサッカー・スペイン代表の若きディフェンダーであり、RCDエスパニョールのキャプテンを務めていたが、2009年のシーズン開幕前、遠征先のホテルで突然死した。練習後に恋人との電話をしていた最中に心筋梗塞で死亡。没年26歳。