『ペーター・フェヒターのポートレートと、ベルリンの壁を越えようとして狙撃されて絶命した時のペーターフェヒター』

1962年8月17日は、ドイツにまだベルリンの壁が存在した時代、西側に住む姉妹と暮らすために東ドイツ側から壁を乗り越えようとした当時18歳のレンガ職人、ペーター・フェヒターが射殺された日である。
一緒に超えようとした湯人は無事に壁を乗り越えたが、東ドイツ側の衛兵から狙撃されたペーターは壁の脇の無人地帯に落ち、有刺鉄線に絡まったまま動けずに助けを求めていたが、西ドイツ側から見守った人々の「救出してやれ!」という声も虚しく狙撃者たちは救出をせず傍観、1時間ほどでペーターは出血多量死することとなった。
なお、ベルリンの壁が崩壊し東西ドイツ統一後に狙撃者たちは有罪判決を受けている。この悲劇が事実化されることによっても、不幸の記憶は人々の心に刻まれ続けるのだ。

(写真はWikipedia Peter Fechterより使用)

8月17日の不幸

1年
準備中
1920年
【事故死】【試合中】レイ・チャップマン(Raymond "Ray" Johnson Chapman)【プロ野球選手/アメリカ】MLBのクリーブランド・インディアンスで活躍した名ショート。ニューヨーク・ヤンキース戦で相手ピッチャー、カール・メイズが投じた速球が側頭部に直撃、頭蓋骨陥没骨折を起こして翌日死亡した。1909年に、試合中に壁に激突死したダク・パワーズに続き、二人目の試合中の死亡者となった。チャップマンの死後、メイズの投げた球がビーンボール(故意にぶつける球)であったかどうかで議論を呼んだ。
1967年
【射殺】【東西ドイツ】「ベルリンの壁でペーター・フェヒターが銃殺」西側に住む姉妹と暮らすために東ドイツ側からベルリンの壁を乗り越えようとした当時18歳のレンガ職人、ペーター・フェヒターが射殺された。一緒に超えようとした湯人は無事に壁を乗り越えたが、東ドイツ側の衛兵から狙撃されたペーターは壁の脇の無人地帯に落ち、有刺鉄線に絡まったまま動けずに助けを求めていたが、西ドイツ側から見守った人々の「救出してやれ!」という声も虚しく狙撃者たちは救出をせず傍観、1時間ほどでペーターは出血多量死することとなった。