『満州国時代の甘粕正彦』
1945年8月20日は、日本陸軍の軍人であり、憲兵時代に関東大震災の混乱に乗じてアナキストの大杉栄・伊藤野枝らを折檻死させた「甘粕事件」の実行犯として知られる甘粕正彦が服毒自殺を図った日である。
甘粕事件を自らの単独犯として禁固10年の刑を受けた後に、満州に渡り、阿片ビジネスや満州事変でめざましい活躍を見せ、憲兵としては最高位ともいえる民政部警務司長に登り詰め、その後も中央本部総務部長、満洲映画協会理事長という要職に就任してゆく。生涯つきまとった「甘粕事件」という武闘派のイメージとは異なり、満映理事長時は、森重久弥、李香蘭ら、数々の映画監督、俳優から慕われる人格者としてのエピソードも多い。
そして8月15日のポツダム宣言受諾後、満州国に迫りくるソ連軍の到着する前に満映の社員たちに退職金を出し、後の大映画監督・内田吐夢の手の中で青酸カリを使用して服毒自殺をしたのだった。
その見事すぎる死に際、さらに新京で行なわれた葬儀に3000人もの弔問客が集まったという人格を鑑みるに、赤子すら井戸に突き落としたといわれる甘粕事件が彼の単独犯であったとは信じ難い。

(写真はWikipedia 甘粕正彦より使用。Public Domain)

8月20日の不幸

1年
準備中