『ナターシャ・カンプッシュのポートレート』( マルティン・モラベク撮影)

2003年8月23日は、10歳で誘拐されていたオーストリアの少女、ナターシャ・カンプッシュが、その8年にもわたる誘拐監禁状態から逃げ出した日であり、その誘拐犯であるヴォルフガング・プリクロピルが電車へ飛び込み自殺をした日である。
そして、その誘拐犯の死亡を耳にした彼女は、同情の意を示したという、いわゆる「ストックホルム症候群(誘拐、監禁党の厳しい環境に陥った被害者が、長年共に過ごすことにより加害者に同情したり好意を抱いてしまう症状)」のエピソードで話題になった。
解放後、事件の後遺症と闘いながら2010年に大学を卒業したナターシャは、地下室に閉じ込められ、数度のレイプがありながらも、ラジオ・書籍は与えられたという意外に文化的な環境にあったという。それらの詳細を明らかにした事件の告白本『3,096 Days』を出版したが、その出版後のインタビューで「ストックホルム症候群」を「厳しい状況下での合理的な反応に過ぎない」と否定したのだった。
ちなみに、この8月23日は「ストックホルム症候群」の命名されるきっかけとなった「ノルマルム広場強盗事件」の発生した日でもある(1973年)。ストックホルム中心部の銀行に立てこもった犯人のヤン=エリック・オルソンが立てこもり中に寝ている間、人質が警察を威嚇していたということがあったのだ(ちなみに犯人は逮捕されたがその出所後も罪を重ね、後日『Stockholms-syndromet』なる著書を出版)。
実際のところ、ナターシャのケースがどちらだったかはわからないが、8月23日はこの奇妙な人間の習性「ストックホルム症候群」について考えざるを得ない日ではある。

(写真はナターシャ・カンプッシュのウェブサイトより)

8月23日の不幸

1年
準備中
1927年
【冤罪事件】【死刑】『サッコ・ヴァンゼッティ事件』1920年のアメリカで起き、世界的な問題にまで飛び火した冤罪事件。靴工場での強盗殺人の犯人として逮捕されたイタリア移民、ニコラ・サッコとバルトロメオ・ヴァンゼッティが死刑となったが、50年後にマサチューセッツ州知事マイケル・デュカキスは、偏見と敵意による冤罪として二人の無実を公表し、処刑日の8月23日を「サッコとヴァンゼッティの日」とした。イタリア移民、共産主義者であったことがその原因であったとされる。
2002年
【死去】武上四郎【プロ野球選手・プロ野球監督】サンケイアトムズに入団し、その後のヤクルト・スワローズ時代も含め、球団生え抜きで活躍した名二塁手。引退後はスワローズの監督を務めたが、選手層の薄さも相まって成績は奮わなかった。1990年代以降は読売ジャイアンツの打撃コーチも歴任した。肝不全で61歳没。
2006年
【死去】メイナード・ファーガソン(Walter Maynard Ferguson)【ミュージシャン/カナダ】10代の天才トランペット少年としてのデビュー以来長きにわたり活躍したジャズトランペット奏者。日本での知名度こそ大きくはないが、その代表曲は『スター・トレックのテーマ』が『アメリカ横断ウルトラクイズ』のテーマとして、『Conquistador』は具志堅用高の入場テーマとして、誰もが知っている。腎臓、肝臓への感染症で死去。没年78歳。