『ヘンリー・ウォリス作「チャタートンの死」』

1916年8月24日は、イングランドの詩人、トーマス・チャタートンがヒ素服毒自殺を遂げた日である。
教会で見つけた薔薇戦争時の古文書に魅入られた少年は、トーマス・ローリーの偽名で自らの生きた300年以上も前の世界の詩人が書いたという触れ込みで『ローリー詩編』『慈善のバラード』を書き上げた。しかし当時の出版社とは折り合いが上手くいかずに生活は困窮したために、ヒ素で服毒死という道を選択した。この時、僅か17歳9カ月。その間、多くの詩と散文、政治批評、オペラの脚本等々膨大な創作を書き上げ、法律事務所勤務や船医アシスタントの経験もした。チャタートンの人生は、大きな才能を持っていてそれを実現するに十分な気力を兼ね備えていたとしても、“芸術家が生きているうちに評価されること”がいかに難しいかを示しているようだ。当然のようにその死後、作品の成熟度の高さから作家として評価されロマン主義を代表する人物と賞賛を集めたが、あまりに早く成熟した詩人は、あまりに早く自らの人生を見限ってしまった。

(画像ははWikipedia Henry Wallisより使用。Public Domain)

8月24日の不幸

1770年
【自殺】【早世】トーマス・チャタートン(Thomas Chatterton)【詩人/イングランド】作品の成熟度の高さからロマン主義の作家として評価された詩人。教会で見つけた薔薇戦争時の古文書に魅入られ、トーマス・ローリーの偽名で自らの生きた300年以上も前の世界の詩人が書いたという触れ込みで『ローリー詩編』『慈善のバラード』を書き上げた。当時の出版社とは折り合いが上手くいかず、生活に困窮し、ヒ素で服毒死した。没年17歳9カ月。
1956年
【死去】溝口健二【映画監督】『雨月物語』『山椒大夫』等、女性の悲哀をテーマにしたスタイリッシュな映画を撮り続け、ヴェネチア国際映画祭など海外でも高く評価された映画監督。後のヌーベルバーグ作家たち、特にジャン=リュック・ゴダールに影響を与えた。単球性白血病で58歳没。
1964年
【殺人事件】「高島忠夫長男殺害事件」

人気俳優の高島忠夫・寿美花代夫妻の当時生後5カ月であった長男・道夫が住み込みの家政婦(17歳の少女)によって殺害された事件。長男を風呂場の浴槽に沈め窒息死させ、物取りの犯行に見せかけるために室内を荒らして自ら通報。証言に不審な点が多かったために問い詰めたところ犯行を自白した。夫妻のファンであった家政婦は、赤子の誕生により自らへの愛情が注がれなくなることと、同僚への嫉妬から犯行に及んだとされる。未成年の家政婦であったが成人と同じく殺人罪で起訴され、懲役3〜5年という不定期刑に処された。

1991年
【政治事件】「ソ連崩壊」

ソ連大統領であったミハイル・ゴルバチョフがソビエト連邦共産党書記長を辞任し党解散を宣言。実質この瞬間にソ連は崩壊することとなったが、同年12月25日にゴルバチョフはソ連大統領を辞任。ソ連史上最初で最後の大統領であった。

2000年
【急死】【早世】アンディ・フグ(Andy Hug)【空手家/スイス】極真空手のスターからプロ転向にあたって正道会館に移籍。正道会館が立ち上げた新しい立ち技系格闘技『K-1グランプリ』を草創期から支えたK-1選手。1996年『K-1グランプリ』王者。派手な必殺技の「かかと落とし」と好戦的なファイトスタイルで日本で絶大な人気を誇った上に、本国スイスでも凱旋試合が視聴率50パーセント超えを果たすという国民的英雄となった。現役のまま、急性前骨髄球性白血病で急死。没年35歳。
2010年
【急死】今敏【アニメーション監督・漫画家】

『虜-とりこ-』で漫画家としてデビューし(『週刊ヤングマガジン』)し、大友克洋のアシスタントに。その後アニメーションの監督に専念。代表作にTVシリーズ『妄想代理人』筒井康隆原作の映画『パプリカ』等。『夢みる機械』制作中に膵臓ガンで死去(同作も制作休止)。没年46歳。生前に、今から死んでゆく自らの気持ちを丁寧に綴った『さようなら』というメッセージが死亡した翌日付で公開され、現在も読むことができる。