『ザプルーダー・フィルムの398コマ目で喉元を押さえて倒れるケネディ元米大統領』

1970年8月30日は、ジョン・F・ケネディ元アメリカ合衆国大統領暗殺事件の映像、通称“ザプルーダー・フィルム”を撮影した一般人、アブラハム・ザプルーダーが死亡した日である。
1963年11月22日、熱心なケネディ支持者であったザプルーダーは、大統領がダラスにやってくると聞きつけ、購入したばかりの8ミリカメラを持ってパレードに出かけ、その姿を記録した。そして歴史的な凶行を、偶然記録してしまったのである。事件後、自ら撮影してしまった世紀の凶行に大変なショックを受けたザプルーダーは、捜査関係者だけにその映像を公開したが、その後『ライフ』誌にその出版権を売却(当時の15万ドルで)したものの、その際には頭部に弾丸が命中して鮮血や脳味噌のようなものまでが飛び散っている「313コマ目だけは公開しない」という条件を付けたほどであった。その後も公の場で事件の供述をした際に泣き出して崩れ落ちるなど、生涯にわたってそのフィルムの残像は撮影者を苦しめ続け、その後の人生でカメラを持つことさえもできないという根深いトラウマを植えつけるものであったという。事件後7年でその人生に幕を閉じたザプルーダーであったが、彼の撮影した“決定的瞬間”が、彼の人生を支配してしまったといえるだろう。

(写真はWikipedia エイブラハム・ザプルーダーより。Public Domain)

8月30日の不幸

1970年
【病死】エイブラハム・ザプルーダー(Abraham Zapruder)【実業家・婦人服製造】1963年11月22日に暗殺されたジョン・F・ケネディ元アメリカ合衆国大統領の映像、通称"ザプルーダー・フィルム"を撮影した一般人。熱心なケネディ支持者であったザプルーダーは、大統領がダラスにやってくると聞きつけ、購入したばかりの8ミリカメラを持ってパレードに出かけ、歴史的な凶行を偶然記録した。生涯にわたってそのフィルムの残像は撮影者を苦しめ続け、事件の7年後、65歳で死亡。死因は脳腫瘍だった。
1992年
【死去】 五社英雄【映画監督】フジテレビの社員監督として時代劇『三匹の侍』等を手がけたが、1980年に拳銃所持で銃刀法違反容疑で逮捕、フジテレビを退職する。その後映画界に復帰し『鬼龍院花子の生涯』『吉原炎上』『極道の妻たち』等の女任侠シリーズでヒットを飛ばした。呼吸不全で63歳没。
2003年
【死去】チャールズ・ブロンソン(Charles Bronson)【俳優/アメリカ】アメリカ陸軍上がりの屈強な肉体で知られ、『荒野の七人』 『大脱走』等のヒット作に出演した強面のアクションスター。日本では「マンダム」のCM出演で爆発的な知名度を誇り、マンガ『北斗の拳』原作者の武論尊、みうらじゅんと田口トモロヲの「ブロンソンズ」等々、カルチャー界に強い影響を及ぼした。晩年はアルツハイマー病を発症した末に肺炎で死去。没年81歳。
2006年
【事故死】ジョセフ・オツオリ(Joseph Moganbi Otwori)【陸上競技選手/ケニア】山梨学院大学に入学し、箱根駅伝等で圧倒的な活躍を見せたケニア人ランナー。卒業後はトヨタ自動車に入社するも帰国。2003年に新潟の重川材木店に入社し、大工としても働きながらその活躍で、全日本実業団対抗駅伝大会の本選に初出場させた。一時帰国中のケニアで、自動車運転中に対向車線のバスと正面衝突し死亡。没年37歳。