『ダイアナ妃が交通事故死したパリ・アルマ広場下のトンネルとその日の「ニューヨーク・デイリーニュース」紙の1面』

1997年8月31日は、英王室のウェールズ公チャールズの元夫人、ダイアナ妃が交通事故死した日である。
1981年にチャールズ公と結婚し、「ごく普通の市民層の少女が英国のプリンセスに」というシンデレラストーリーで世界中の人気者となったダイアナだったが、後年は長年の冷え切った夫婦の別居生活が露わになり、最終的にはお互いの不倫が発覚するなど、世界でも最もスキャンダラスな王室の主役として知られた。
1996年の離婚後は、未だその美貌を誇っただけに、数々の浮き名を流したダイアナ妃だったが、そのうちの一人であったドディ・アルファイド(イギリスのデパート「ハロッズ」のオーナー、モハメド・アルファイドの長男)とリッツホテルに滞在中に交通事故死することになった。
乗っていたのはドディとダイアナ妃の他、リッツホテルの運転手のポール、ボディガードのトレヴァー・リース=ジョーンズの4人であり、ドディとポールは即死、ダイアナも意識を取り戻すことなく搬送された病院で死亡、唯一シートベルトをしていたジョーンズのみが無事生き残った。
130キロオーバーでの激突死というあまりに派手な事件であったため、モハメド・アルファイドを始め、多くの人物が陰謀説を主張したが、原因は運転手ポールの飲酒と、追跡していた大量のパパラッチとのカーチェイスによるものであったと結論づけられている。
ダイアナ妃の死亡後、女王エリザベス2世は一般人として扱うことを望んだというが、チャールズ皇太子、トニー・ブレア首相の強い希望でイギリス王室による準国葬「王室国民葬」ということになった。その葬儀のテレビ中継の視聴率は、最高で3,210万人を記録し(イギリスの2016年の人口が65,110,000人の約半数)、歴代最高の視聴率となっている。国外の視聴者を含め、ダイアナ妃の葬儀は、有史以来最大級の葬儀イベントの1つであったといえるだろう。

(写真はWikipedia Death of Diana, Princess of Wales / Erik1980撮影と、1997年8月31日の「ニューヨーク・デイリーニュース」紙)

8月31日の不幸

1969年
【事故死】ロッキー・マルシアノ(Rocky Marciano)【プロボクサー/アメリカ】ボクシングヘビー級王者で史上唯一無敗のまま引退したボクサー。通算成績49戦49勝(43KO)無敗無引き分け。6度目の防衛戦だったアーチー・ムーア戦KO勝利後に「戦う相手がいない」として引退した。1969年8月31日に米アイオワ州で乗ったセスナ機が墜落し死亡。没年45歳。
1973年
【死去】ジョン・フォード(John Ford)【映画監督/アメリカ】代表作『荒野の決闘』『駅馬車』『アパッチ砦』等の数々のヒット作で知られる西部劇映画の巨匠。西部劇の大スター、ジョン・ウェインを起用した『静かなる男』等で4度のアカデミー監督賞を受賞している。胃ガンで79歳没。
1997年
【交通事故死】【早世】【怪死】ダイアナ妃(Diana, Princess of Wales)【元イギリス皇太子妃】英王室のウェールズ公チャールズの元夫人であり、その息子ケンブリッジ公爵ウィリアム王子とヘンリー王子の実母。1981年にチャールズ公と結婚し、世界中の人気者となったが、最終的にはお互いの不倫が発覚するなど、世界でも最もスキャンダラスな王室の主役として知られた。離婚後、交際していたドディ・アルファイドとパリ滞在中に交通事故死。運転手の飲酒と、パパラッチとのカーチェイスが原因だった。没年36歳。