『イルゼ・コッホとその囚人の皮膚のコレクション』

1967年9月1日は、ブーヘンヴァルト強制収容所所長の妻にして、看守のイルゼ・コッホが首吊り自殺を遂げた日である。
所長の妻ということを利用し、多くの囚人たちに拷問や虐待行為をした“ブーヘンファルトの魔女”は、囚人たちの剥がした皮膚のコレクションの他、それを利用したブックカバーやランプシェードまで作っていたと偏執狂であったとも言われている。
他には女囚に犬との獣姦を強要したなど、考えられないような蛮行の伝説も残っている。
彼女は戦後、アメリカ軍により戦犯として逮捕され、1949年に恩赦で釈放となったが、1951年に西ドイツ当局により再告発、終身刑となった。
最後は、アイヒャッハ女性刑務所にて首吊り自殺した。アイヒャッハ墓地にある彼女の墓には、何も名前も記されていないという。

(写真はWikipedia Ilse Kochより)

9月1日の不幸

1967年
【自殺】イルゼ・コッホ(Ilse Koch)【看守/ドイツ】

ブーヘンヴァルト強制収容所所長の妻にして、第二次大戦中にその看守であった人物。所長の妻ということを利用し、多くの囚人たちに拷問や虐待行為をした"ブーヘンファルトの魔女"は、囚人たちの剥がした皮膚のコレクションの他、それを利用したブックカバーやランプシェードまで作っていた偏執狂であったとも言われている。他には女囚に犬との獣姦を強要したなど、考えられないような蛮行の伝説も残っているがその真相は定かではなく、アメリカ軍による捏造という噂もある。彼女は戦後、アメリカ軍により戦犯として逮捕され、1949年に恩赦で釈放となったが、1951年に西ドイツ当局により再告発され、終身刑となった。最後は、アイヒャッハ女性刑務所にて首吊り自殺。没年60歳。アイヒャッハ墓地にある彼女の墓には、何も名前も記されていないという。