『ドイツの教員、エルンスト・ワグナーのポートレート』

1913年9月4日は、ドイツを震撼させた大量殺人事件「ワグナー事件」が起きた日である。

自らの妻と4人の子供、そして通行人9人を1日で殺害したこの事件は、「社会への復讐」そしてまず犯行の最初に自らの家族を殺害したという共通点から、日本で1938年に起きた「津山30人殺し」に酷似しているといわれている事件である。
かつて教師として勤務したミュールハウゼン村で自らが起こした獣姦のせいで、村民から嘲笑われていたと信じ込んでいたワグナーは、早朝にシュツッツガルト郊外のデガーロッホの自宅で妻と子供を殺害し、ミュールハウゼンに移動。放火を繰り返し、逃げまどう村民たちを射殺していった。
気缶と村民により身柄を拘束されたワグナーは、さらに姉一家を殺した後に自殺する予定であったという。
実際のところ、彼が恐れていた獣姦のことを証言する人物は現れなかったために、個人的な妄想に突き動かされて起こした事件だったという結論となった。
都井とワグナーの事件は、どちらも自らの凶行の後を生きる家族を不憫に思い(都井睦男の場合は祖母)、決意を込めて殺害しているところに並々ならぬ決意が溢れており、極限の心理状況を描いた様々な創作物のテーマとして引用されている。その代表はヘルマン・ヘッセの小説『クラインとワグナー』である。
ちなみに、逮捕後、ワグナーは死刑を望んだが、精神鑑定の結果パラノイア(偏執病)と診断され無罪、療養施設でその余生を送ることとなった。そして、自らの死を邪魔した医師を生涯怨みながら、多くの戯曲を書き残した作家となったのだった。その上演は却下されたために陽の目を浴びることはなかった。望み通り自死を遂げた都井と死を奪われて生き続けたワグナー。酷似したといわれた2つの事件の結末は、正反対のものであった。

(画像はWikipedia Ernst August Wagnerより使用)

9月4日の不幸

1年
準備中