『ジーン・セバーグの妊娠に関するFBIのメモと、伊映画「Gang War in Naples」でのジーン・セバーグ』

1979年9月8日は、アメリカの女優、ジーン・セバーグがアルコールとドラッグで自殺した日である。
1959年の映画、ジャン・リュック・ゴダールの『勝手にしやがれ』での主演で、フランス映画の“ヌーヴェルヴァーグ”を代表する女優になった。
しかし、反戦運動や公民権運動などのプライベートでの政治的活動でFBIにマークされ、1970年、当時の夫で映画監督のロマン・ガリー(ロシア系フランス人)との間に妊娠した赤子が、彼女がサポートする黒人解放組織“ブラックパンサー”の幹部との子であると喧伝され、ストレスのあまり流産に至った。その際には流産した胎児が黒人ではないという写真を提示した記者会見を行なったほどだった。その後、彼女は深刻な鬱病患者となり、1979年9月8日に遺体となって自家用車のバックシートから発見された。死因は大量のバルビツールとアルコールの摂取。傍らにあった遺書には「ごめんなさい、私はもうこの精神状態では生きられません」と記されていた。
彼女の死に際し、離婚して前夫となっていたガリーはFBIによる印象捜査を強く非難し、ジーンがかつて流産した子供の命日である8月25日に何度も自殺しようとしていたことを語った。そして自らもまた、ジーンの死の翌年、拳銃自殺という最期を選んでいる。

(画像はWikipedia Jean Sebergより使用)

9月8日の不幸

1年
準備中
1613年
【死去】カルロ・ジェズアルド(Carlo Gesualdo)【作曲家/イタリア】(つづきから)晩年は殺人の記憶に苛まれ、自らを鞭打つための使用人を雇っていたとも言われている。マリアとの長男エマニュエレの死んだ3週間後に死亡。没年47歳。
1613年
【死去】カルロ・ジェズアルド(Carlo Gesualdo)【作曲家/イタリア】代表曲『Beltà, poi che t'assenti(美しい人よ、貴女がいないと)』等、大胆な半音階技法を取り入れた実験的な作曲法で知られる後期ルネサンスの作曲家であり、妻マリアとその不倫相手アンドリア公ファブリツィオ・カラーファをセックスの最中に惨殺した人物。そばにいた自らの赤子すらも殺したと言われてるが、貴族の身分であったためにその罪は不問となった。(つづきから)
1979年
【自殺】ジーン・セバーグ(Jean Seberg)【女優/アメリカ】ジャン・リュック・ゴダール監督の映画『勝手にしやがれ』での主演で"ヌーヴェルヴァーグ"を代表する女優に。反戦運動や公民権運動などのプライベートでの政治的活動でFBIにマークされ、妊娠した赤子を彼女がサポートする黒人解放組織"ブラックパンサー"の幹部との子であると喧伝され、ストレスのあまり流産に至った。晩年は深刻な鬱病に悩み40歳で自殺。死因は大量のバルビツールとアルコールの摂取だった。