『アヤックスとのヨーロピアンカップに臨むセルティック監督時代のステイン(左)と、控え室に担ぎ込まれるステインを報じた「グラスゴーヘラルド」紙』

1985年9月10日は、当時、サッカーのスコットランド代表監督だったジョック・スタインが試合終了直後に死亡した日である。
1965年にスコットランドの強豪クラブ、セルティックの監督に就任以来、リーグ記録という9連覇を達成し、1966-1967シーズンには、UEFAチャンピオンズカップ(現在のUEFAチャンピオンズリーグ)の優勝をイギリスのクラブチームで初めて果たし、1970年に大英帝国勲章を受勲したという大監督。1990年代以降世界的隆盛を誇ったマンチェスター・ユナイテッド元監督、サー・アレックス・ファーガソンが師匠と慕う同郷の巨人である。そんな彼が死んだのは、現在も世界中を熱狂させるフットボールという狂乱の最中であった。1986年FIFAワールドカップヨーロッパ予選の最終戦で、ステイン監督率いる母国スコットランド代表チームは、最終戦となるウェールズ戦でに引き分け以上でオーストラリアとのプレイオフに進めるという状況にあった。そして、0ー1で迎えた試合終了9分前、スコットランドはPKを獲得して1ー1のスコアに追いつき、見事プレイオフへの進出を決めたのだった。しかし、歓喜に揺れるスコットランド国民をよそに、監督のステインは試合を無事終えた瞬間に心臓発作を起こし、控え室に担ぎ込まれ、そのまま息を引き取ったのである。当時ステインの傍らでアシスタントを務めていたファーガソンにとって、これ以上無い教材もなかったであろう。1960年代〜1970年代にかけて、無敵を誇ったリバプールFCの名監督、ビル・シャンクリーはこう言った。
「Football is not a matter of life and death. It's much more important than that.(フットボールは生き死にの問題ではない、それよりももっと重要だ)」
ステインの突然死は、まさにフットボールビジネスに携わる者の辛さ、そして精神の磨り減り方をその身をもって象徴した“死文化”といえるだろう。
(画像はWikipedia Jock Steinより使用)

9月10日の不幸

1961年
【競技中事故死】【早世】ヴォルフガング・フォン・トリップス(Wolfgang Alexander Albert Eduard Maximilian Reichsgraf Berghe von Trips)【レーシングドライバー/ドイツ】

1956年にフェラーリからデビューしたF1ドライバー。1961年にフェラーリで参戦した第2戦オランダグランプリで自身にとってとドイツ人にとっての初優勝を遂げ、続く第6戦イギリスグランプリでも優勝。7戦目のイタリアグランプリでは自身初のポールポジションからスタートしたが、2周目にロータスのジム・クラークと接触し車から投げ出され即死。巻き込まれた観客14名も死亡した。没年33歳。

1984年
【死去】ジョルジュ・ド・ボールガール(Georges de Beauregard)【映画プロデューサー/フランス】

1960年の映画『勝手にしやがれ』を始めとしたジャン=リュック・ゴダールの初期作品を手がけたことで知られるヌーヴェルヴァーグ期の映画プロデューサー。エリック・ロメール等その他の同時期の映画作家も数多く見出したことでも知られている。63歳没。

1986年
【急死】ジョック・ステイン(John 'Jock' Stein CBE)【サッカー選手・指導者/スコットランド】

現役時代は主にセルティックで活躍した名センターバック。引退後の1965年にスコットランドの強豪クラブ、セルティックの監督に就任以来、リーグ記録という9連覇を達成し、1966-1967シーズンには、UEFAチャンピオンズカップ(現在のUEFAチャンピオンズリーグ)の優勝をイギリスのクラブチームで初めて果たし、1970年に大英帝国勲章を受勲したという欧州フットボール史に残る名監督。1986 FIFAワールドカップヨーロッパ予選の最終戦に母国スコットランド代表を率いて参加し、土壇場で見事プレイオフ進出を勝ち取ったウェールズ戦の終了直後に心臓発作を起こし、控え室に担ぎ込まれ、そのまま息を引き取った。没年62歳。

1993年
【死去】ハナ肇【ミュージシャン・コメディアン・俳優】

『シャボン玉ホリデー』等、昭和30年代から40年代にかけて、テレビバラエティ創生期を席巻したコミックバンド「ハナ肇とクレージーキャッツ」のリーダーにしてドラマー。映画では"東宝クレージーシリーズ"といわれるクレージーキャッツ主演映画を連発し、個人的には『巨泉×前武ゲバゲバ90分!』での「アッと驚く為五郎!」の名フレーズや『新春かくし芸大会』の銅像コントで人気を博した。渡辺プロダクション黎明期の中心的存在であり、同プロの後続グループであったザ・ドリフターズの志村けんを除く全てのメンバーの名付け親でもあった。晩年は性格俳優として活動し、肝臓ガンで63歳没。晩年の看病はザ・ピーナッツの二人と付き人だったなべおさみが行ない、谷啓、犬塚弘らクレイジーキャッツのメンバーが見守る中の死去であった。葬儀・告別式の弔辞は森繁久彌と植木等が読んだ。

1997年
【死去】フリッツ・フォン・エリック(Fritz Von Erich)【プロレスラー/アメリカ合衆国】

テキサス州出身のアメリカ人でありながらドイツ・ベルリン出身のナチスギミックのレスラーとして活躍し、必殺技「アイアン・クロー」の生みの親として"鉄の爪"の愛称で知られるプロレスラー。NWA、WCCWの米国マットはもちろん、1966年11月に日本プロレスに初参戦以降、全日本プロレスにもたびたび来日しジャイアント馬場との名勝負を繰り広げた。引退後はプロモーターとして活躍し、脳腫瘍、肺ガンにより68歳没。5人の子供全てがプロレスラーとなったプロレス一家の父であり、それらのほとんどが相次ぐ怪死を遂げた悲劇の一家の父としても知られている。

2006年
【自殺】犬丸りん【漫画家・エッセイスト】

NHK教育テレビで放送された人気テレビアニメ『おじゃる丸』の原案者として知られるマンガ家。2006年9月10日に自宅マンションの14階から飛び降り自殺。隣のビルの屋上(5階建て)に転落して死亡した。没年48歳。母親宛の遺書には「仕事ができない」と記されており、仕事を苦にしての自殺と考えられている。

2014年
【死去】リチャード・キール(Richard Kiel)【俳優/アメリカ合衆国】

12歳にして身長218センチメートルの巨体を誇り、映画『007 私を愛したスパイ』『007 ムーンレイカー』等の出演で知られる"世界一大きな俳優"。1992年の自動車事故以降は車椅子生活となったが、1999年頃までは俳優として活躍を続けた。虚血性心疾患による心臓発作で74歳没。