『アヤックスとのヨーロピアンカップに臨むセルティック監督時代のステイン(右)と、控え室に担ぎ込まれるステインを報じた「グラスゴーヘラルド」紙』

1985年9月10日は、当時、サッカーのスコットランド代表監督だったジョック・スタインが試合終了直後に死亡した日である。
1965年にスコットランドの強豪クラブ、セルティックの監督に就任以来、リーグ記録という9連覇を達成し、1966-1967シーズンには、UEFAチャンピオンズカップ(現在のUEFAチャンピオンズリーグ)の優勝をイギリスのクラブチームで初めて果たし、1970年に大英帝国勲章を受勲したという大監督である。近年までサッカーの大監督と言われていたマンチェスター・ユナイテッドのサー・アレックス・ファーガソンが師匠と慕う同郷の巨人である。
そんな彼が死んだのは、現在も世界中を熱狂させるフットボールという狂乱の最中であった。
1986 FIFAワールドカップヨーロッパ予選の最終戦に母国スコットランド代表を率いて参加したステイン監督は、最期のウェールズ戦で、この試合に引き分け以上でオーストラリアとのプレイオフに進めるという状況だった。そして、0ー1で迎えた試合終了9分前、スコットランドはPKを獲得して1ー1に追いつき、見事プレイオフへと進出となった。しかし、歓喜に揺れる国民をよそに、ステインは試合を無事終えた瞬間に心臓発作を起こし、控え室に担ぎ込まれ、そのまま息を引き取った。
当時アシスタントを務めていたファーガソンにとって、これ以上無い教材もなかったであろう。
1960年代〜1970年代にかけて、無敵を誇ったリバプールFCの名監督はこう言った。

“Football is not a matter of life and death. It's much more important than that.”
「フットボールは生き死にの問題ではない、それよりももっと重要だ」

ステインの突然死は、まさにフットボールビジネスに携わる者の辛さ、そして磨り減り方をその身をもって象徴した“死文化”である。

(画像はWikipedia Jock Steinより使用)

9月10日の不幸

1年
準備中