『1948年の土門拳の撮影風景』

1990年9月15日は、戦後の日本写真界を牽引し、演出を一切拒否した徹底的な『リアリズム写真』を確立してみせた写真家の土門拳が死亡した日である。人物ポートレートでも徹底的に被写界深度を深くし、同時代を生きたもうひとりの“リアリズム写真の巨匠”である木村伊兵衛とは双璧を為した。鬼とも呼ばれたその透徹な仕事ぶりで有名だった土門は、その仕事の中で3度倒れている。1度目は1960年の代表作写真集『筑豊のこどもたち』no
続編『るみえちゃんはお父さんが死んだ』を完成直後に脳出血で倒れた。さらに2度目は雑誌『太陽』の取材で山口県萩市を訪れた際に脳出血を起こして緊急入院。2度目に至ってはほぼ1年を意識不明のまま生き、その意識を取り戻した時には右半身不随になっていたという。その後の必死のリハビリでまた現場に復帰するも、1979年9月に脳血栓で意識不明に。その後11年間昏睡状態のまま生きたが、3度の復活はならなかった。
当時から“写真の著作権は写真家にこそある”“写真には作家の個性が表われる”と写真の芸術性を説いていた土門だっただけに、作品同様、その生涯も鬼気迫るものであったことは疑いない。

(写真はWikipedia Ken Domonより使用。Public Domain)

9月15日の不幸

1年
準備中