『1973年にABCで放送された「In Concert」でのマーク・ボラン』

1977年9月16日は、T-レックスを率いて1970年代に“グラムロックの伝説”として活躍し、文字通り世紀のヒット曲『20th Century Boy』で知られるミュージシャン、マーク・ボランが交通事故死した日である。
生前から車での死を恐れていたために運転をしなかったという稀代のロックスターは、愛人であったアメリカ人シンガーソングライター、グロリア・ジョーンズの運転する車で帰宅途中のなんの変哲もない場所で事故に遭い即死した(グロリアもまた大きなダメージを受けたが無事に生き残り、彼との子供を無事出産している)。ロンドン南西部バーンズにある事故現場のセイヨウカジカエデの木は、事故死したその日以来ファンたちの巡礼地となり、やがて“マーク・ボランのロック神社(Marc Bolan's Rock Shrine )”と呼ばれる聖域として、現在も胸像が建てられるなどして存在感を放っている。また、マーク・ボランは生前「30歳になるまでに死ぬ」と公言していたため、30歳を2週間後に控えての事故死は様々な憶測を呼ぶことにもなった(誕生日は1947年9月30日)。その代表的なものが、1973年に発表した『Solid Gold Easy Action』の歌詞 "Easy as picking foxes from a tree(木の中で狐狩りをするように簡単)" "Woman from the east with her headlights shining(東から来た女のヘッドライトが輝く)"などが事故を暗示していたとする説である。どれも真実とはかけ離れた言説に過ぎないように思えるが、既成の価値観を打破したグラムロックのトリックスターは、死してなお人々を魅惑し続ける伝説として生き続けているのだろう。

(画像はWikipedia Mark Bolanより。Public Domain)

9月16日の不幸

1977年
【怪死】マリア・カラス(Maria Callas)【歌手/アメリカ】

ギリシャ系アメリカ人のソプラノ歌手。独特歌声と驚異的な表現力で、"20世紀最高のソプラノ"とも呼ばれた。しかし、不摂生や急激なダイエットにより衰えも早く(原料のため体内にサナダムシを飼っていたという説も)、43歳で実質上引退となった。私生活が派手なことでも知られ、ギリシャの大富豪オナシスとの愛人関係は、オナシスがジャクリーン・ケネディと再婚しても続けられたという。1977年、53歳の時に自宅で心臓発作を起こし死去。死後、彼女の遺産を横領したヴァッソ・デヴェッツィなるピアニストによる毒殺説も根強い。

1977年
【交通事故死】【早世】マーク・ボラン(Marc Bolan)【ミュージシャン/イギリス】

ロックバンド「T-レックス」を率いて、1970年代に隆盛を誇った"グラムロックの伝説"として活躍し、世界的ヒット曲『20th Century Boy』『Get it on』等で知られるミュージシャン。生前から車での死を恐れていたために運転をしなかったが、愛人のグロリア・ジョーンズの運転する車で帰宅途中のなんの変哲もない場所で事故に遭い即死した。没年29歳。生前「30歳になるまでに死ぬ」と公言していたため、30歳を2週間後に控えての事故死は様々な憶測を呼ぶことにもなった。ロンドン南西部バーンズにある事故現場のセイヨウカジカエデの木は、事故死したその日以来ファンたちの巡礼地となり、やがて"マーク・ボランのロック神社(Marc Bolan's Rock Shrine )"と呼ばれる聖域となり、現在も胸像が建てられるなどして今も存在感を放っている。

1984年
【自殺】リチャード・ブローティガン(Richard Brautigan)【小説家・詩人/アメリカ合衆国】

『Trout Fishing in America(アメリカの鱒釣り)』で知られるビートニクを代表する小説家、詩人のひとり。1984年10月25日にカリフォルニア州ボリナスの自宅で拳銃自殺しているところを発見された。49歳没。近隣住民の証言では9月16日に銃声を聞いたいわれている。

2001年
【急死】【怪死】米森麻美【アナウンサー】元日本テレビのアナウンサー。同僚の永井美奈子、藪本雅子らとDORAなるアイドルユニットを組み歌手活動するなどして活躍。結婚後寿退社し、フリーで活躍するも、2001年に長男出産後3週間で急死。死因は伏せられている。没年34歳。