『1926年のフロイトのポートレート』(Ferdinand Schmutzer撮影)

1939年9月23日は《精神分析》のジャンルをつくりあげたオーストリアの精神科医、ジークムント・フロイトが死亡した日である。
心的外傷、夢判断、自我、無意識の研究など、フロイト出現以前の脳科学とは遙かに異なる概念をもたらした功績は、それぞれのジャンルに於けるコペルニクスやダーウィン、ニュートンと並ぶとも言われており、そのことからもいかにフロイトが革命的な進化を人類にもたらしたかがわかる。
フロイトの主張はあまりに独創的な言説であっただけに、当初は世間や同業者やからの反発も強く、理解者と研究に理想的な環境を求め、慣れないアメリカに移り住んだ時期もあった。
1938年にナチスドイツによるオーストラリア侵攻の際にはロンドンに亡命し、最晩年は彼の地で治療と研究、執筆活動を続けた。そして末期ガンに冒されていた83歳の時に、主治医に「時がきたら手を貸してくれる約束だった。いま生きていることははもう無意味な拷問以外のなにものでもない」と、大量のモルヒネを投薬するように指示し、極めて自主的に死んでいったという。

(写真はWikipedia Sigmund Freudより使用。Public Domain)

9月23日の不幸

1939年
【死去】ジークムント・フロイト(Sigmund Freud)【精神科医/オーストリア】《精神分析》のジャンルをつくりあげたオーストリアの精神科医。心的外傷、夢判断、自我、無意識の研究など、それまでの精神医学に革命的な進化をもたらした。1938年にナチスドイツによるオーストラリア侵攻の際にはロンドンに亡命し、最晩年は彼の地で治療と研究、執筆活動を続けた。ガンにより83歳没。主治医に大量のモルヒネを投薬するように指示し、極めて自主的に死んでいった。
1996年
【死去】藤子・F・不二雄【漫画家】(つづきから)それまでも作品ごとに担当を分けていたが、1986年に藤本が胃ガンにかかったことを受けて死後の財産分与で争わないがために1987年にコンビを解消し、以降は藤子・F・不二雄名義で活動。前述の『ドラえもん』に象徴される、誰にでも愛される少年向けSFマンガを生涯描き続けた。自宅の仕事部屋で作業中に気を失い、そのまま肝不全で62歳没。
1996年
【死去】藤子・F・不二雄【漫画家】富山県高岡市の小学生時代からの同級生である我孫子素雄とのコンビで「藤子不二雄」として活躍した国民的人気漫画家。本名・藤本弘。『ドラえもん』『オバケのQ太郎』『パーマン』『エスパー魔美』『忍者ハットリくん』『プロゴルファー猿』等の代表作全てがアニメ化・映画化されるという現代のマンガビジネスの基礎ともいえるミックスメディアをいち早く実現した黄金時代を1970年代から1980年代にかけて築いた。(つづく)