『バビ・ヤールの処刑』Felix Lembersky 画

1941年9月29日は、第二次大戦中のナチスドイツによるユダヤ人虐殺“ホロコースト”の中でも1回で最大の死者を出したといわれる大量処刑、ウクライナ・キエフに住んでいたユダヤ住民を全員処刑にした「バビ・ヤール大虐殺」が行なわれた日である。
この日と翌30日にかけて、バビ・ヤール峡谷に連行された33,771人ものユダヤ人たちが機関銃によって撃ち殺され、その遺体はそのまま峡谷に投げ捨てられて積み上がっていったのだという。
それから終戦までの間に、バビ・ヤール峡谷で殺された人間は合計すれば10万人を超えるともいわれており、そこにはユダヤ人に限らず、ロシア、ウクライナ等多くの人種がその渓谷で虐殺されていった。
故に、ユダヤ人虐殺の現場としてだけではなく、ナチス・ドイツによる虐殺の現場として、バビ・ヤール峡谷は記憶されてゆくべきであろう。

(画像はWikipedia Babi Yarより使用)

9月29日の不幸

1年
準備中
1891年
【獄中死】津田三蔵【警察官】滋賀県警察部巡査の勤務中、来日パレードをしていたロシア帝国皇太子ニコライをサーベルで斬りつけた「大津事件(1891年)」の主犯。正確な動機は不明。事件後、無期徒刑で北海道の釧路集治監に収監されたが、同年急性肺炎のため獄死した。没年36歳。
1941年
【大量殺人】「バビ・ヤールの大虐殺」『第二次大戦中のナチスドイツによるユダヤ人虐殺"ホロコースト"の中でも1回で最大の死者を出したといわれる大量処刑、ウクライナ・キエフに住んでいたユダヤ住民を全員処刑にした事件。この日と翌30日にかけて、バビ・ヤール峡谷に連行された33,771人ものユダヤ人たちが機関銃によって撃ち殺され、その遺体はそのまま峡谷に投げ捨てられた。
1996年
【死去】遠藤周作【小説家】カトリック教徒として知られる小説家。『海と毒薬』『沈黙』に代表されるキリスト教をテーマにした小説を数多く残し、ノーベル文学賞の候補となるほど世界的な評価を得ていた小説家のひとりだった。狐狸庵山人名義でのエッセイも多数。若くから肺結核に悩む人生であったが、1996年9月28日に昼食を喉に詰まらせ肺炎を発症。翌日73歳で死亡した。
1997年
【死去】ロイ・リキテンスタイン(Roy Lichtenstein)【画家/アメリカ】アンディ・ウォーホールらと共に1960年代〜1970年代のアメリカのポップアートを牽引したイラストレーター。アメコミのコマを拡大したものや、アミ点まで拡大したようなドットで描いた作品群で知られる。
1999年
【無差別殺人】【大量殺人】「下関通り魔殺人事件」当時35歳の運送業、上部康明がJR下関駅改札口にレンタカーで突入。7名を轢いた後に文化包丁を持ってホームに上がり、8人を殺傷。その結果5人が死亡、10人に重軽傷を与えた。犯行の動機は以前自営していた設計事務所の経営不振。犯行に際しては9月8日に発生した「池袋通り魔殺人事件」を参考にしたと自供。2008年に死刑が確定し、2013年3月29日に上部の死刑が執行された。
2012年
【死去】冴島奈緒【AV女優】グラビアモデルとして『11PM』等で活躍後の1987年に『冴島奈緒/FカップNo.1 奈緒の目覚め』でAV女優に転身、草創期に於けるAVアイドルとして、人気を博した。AV引退後はVシネマなどで女優活動の他、実業家としても多くの仕事を手がけた。晩年はガンで5年ほど闘病したが、44歳で死亡。
2013年
【死去】山崎豊子【小説家】毎日新聞社の記者出身の小説家。同じく小説家の井上靖は同社所属時の上司に当たる。実写映像化された代表作『白い巨塔』『華麗なる一族』『沈まぬ太陽』等の社会派の大作で知られ、生涯現役であり続けた。『週刊新潮』誌上で『約束の海』を連載中に緊急入院し、呼吸不全で死去。没年89歳。