『映画「理由なき反抗」の宣材用スチール写真に写るジェームス・ディーン』

1955年9月30日は、アメリカが生んだ稀代の俳優、ジェームス・ディーンが交通事故により死亡した日である。
24歳の時の初主演映画『エデンの東』でいきなりアカデミー主演男優賞にノミネートされるなど、若くしてその才能を発揮。その後『理由なき反抗』『ジャイアンツ』に出演したが、その時代の若者の気持ちを代弁するような危うさに満ちた存在感は、まさに時代を震撼させるような飛び抜けたものだった。
『ジャイアンツ』の撮影終了直後にサリナスで行なわれるレースに出場するために向かっている最中に学生の運転する車が衝突。同乗していた自動車修理工と接触してきた相手ドライバーは軽傷に終わったが、ディーンは即死だった。
その時、変わらす24歳。
スターダムにのし上がった年に死亡するというたった1年限りの黄金期だけで、ジェームス・ディーンは時代を象徴する“永遠の若者”となったのである。

(画像はWikipedia James Deanより使用。Public Domain)

9月30日の不幸

1年
準備中
1955年
【交通事故死】【早世】ジェームス・ディーン(James Byron Dean)【俳優/アメリカ】アメリカが生んだ稀代の俳優。24歳の時の初主演映画『エデンの東』でいきなりアカデミー主演男優賞にノミネートされるなど、若くしてその才能を発揮した。その後『理由なき反抗』『ジャイアンツ』に出演。『ジャイアンツ』の撮影終了直後にサリナスで行なわれるレースに出場するために向かっている最中に学生の運転する車が衝突。同乗していた自動車修理工と接触してきた相手ドライバーは軽傷に終わったが、ディーンは即死だった。没年24歳。