『1951年8月17日に北京の天橋刑場で銃殺される直前の山口隆一と、アントニオ・リヴァ』(写真中央)

1950年10月1日は、北京市在住の日本人、山口隆一と、イタリア人、アントニオ・リヴァらが、毛沢東をはじめとする中国共産党幹部の暗殺未遂事件を起こしたとされる日である。
天安門広場の楼上に上がった党指導部を、観衆の中から迫撃砲で狙撃しそうになっていたところを取り押さえられた2名は、軍事裁判を経て翌年8月17日に処刑された。しかし、山口の夫人は夫に暗殺する理由がなかったとして、朝日新聞の紙面(1951年8月25日)に『「毛沢東暗殺計画」の真相気違いじみた「芝居」山口氏夫人の手記』なる記事を発表。その中でこの事件が中国共産党による濡れ衣であったと説明している。それが本当であるならば大きな問題となるべきこの怪事件であるが、現在ではその真相を知る術もなく、ただその記録として残っていくだけなのであろうか。否、このもはやおぼろげともいえる記憶を失うことこそ、《本当の事件》なのではないだろうか。

(写真はWikipedia 炮击天安门案より。Public Domain)

10月1日の不幸

1950年
【暗殺未遂事件】【怪事件】「毛沢東暗殺陰謀事件」

北京市在住の日本人、山口隆一と、イタリア人、アントニオ・リヴァらが、天安門広場の楼上に上がった毛沢東率いる党指導部を、観衆の中から迫撃砲で狙撃しそうになっていたところを取り押さえられた暗殺未遂事件。2名は、軍事裁判を経て翌年8月17日に処刑されたが、山口の夫人は夫に暗殺する理由がなかったとして、朝日新聞の紙面(1951年8月25日)に『「毛沢東暗殺計画」の真相気違いじみた「芝居」山口氏夫人の手記』なる記事を発表。その中でこの事件が中国共産党による濡れ衣であったと説明している。

1977年
【現役引退】「ペレ引退」

ブラジルの3度のワールドカップ制覇に貢献し、現役生活で1281得点を記録した"サッカーの神様"ことペレが、ニュージャージーのジャイアンツ・スタジアムで行なわれた引退試合(ニューヨーク・コスモス対サントスFC戦)で現役を引退。前半は晩年所属したコスモスの選手、後半は黄金期を築いたサントスの選手としてプレーし、前半に1得点を挙げた。

2004年
【急死】リチャード・アヴェドン(Richard Avedon )【写真家/アメリカ合衆国】

ファッション誌『ハーパーズ・バザー』でプロカメラマンとしてデビューした後に『ライフ』『ヴォーグ』等のメジャー雑誌で活躍したファッションフォトの第一人者。きちっとフォーカスを合わせた写真の全盛期に背を向け、ブレやボケを辞さない挑戦的な作風で一時代を築いた。テキサス州サン・アントニオで『ザ・ニューヨーカー』誌の写真を撮影している最中の2004年9月25日に脳出血昏倒。そのまま10月1日に死亡。没年81歳。

2013年
【死去】トム・クランシー(Thomas Leo "Tom" Clancy, Jr.)【小説家・実業家/アメリカ合衆国】

保険代理店を営む傍ら書いたデビュー小説『レッド・オクトーバーを追え!』が爆発的なヒットを記録し、世界的な人気小説家となった人物。近未来的な世界情勢を予見する「軍事シミュレーション小説」をジャンル化した人物として知られる。1996年にはゲーム会社『Red Storm Entertainment』を設立し自身の名を冠したテレビゲーム作品を手がけ(2000年にUbisoftにより買収された)るなど、実業家としても活躍した。2013年10月1日に死亡。死因は公表されていない。没年66歳。映画化された『いま、そこにある危機』等を含むクランシーの代表的小説シリーズ『ジャック・ライアン・シリーズ』は、2011年の『ライアンの代価』から共著者であったマーク・グリーニーが引き継ぎ継続している。