『1951年8月17日に北京の天橋刑場で銃殺される直前の山口隆一と、アントニオ・リヴァ』(写真中央)

1950年10月1日は、北京市在住の日本人、山口隆一と、イタリア人、アントニオ・リヴァらが、毛沢東をはじめとする中国共産党幹部の暗殺未遂事件を起こしたとされる日である。
天安門広場の楼上に上がった党指導部を、観衆の中から迫撃砲で狙撃しそうになっていたところを取り押さえられた2名は、軍事裁判を経て翌年8月17日に処刑された。
しかし、山口の夫人は夫に暗殺する理由がなかったとして、朝日新聞の紙面(1951年8月25日)に『「毛沢東暗殺計画」の真相気違いじみた「芝居」山口氏夫人の手記』なる記事を発表。その中でこの事件が中国共産党による濡れ衣であったと説明している。
それが本当であるならば大きな問題となるべきこの怪事件であるが、現在ではその真相を知る術もなく、ただその記録として残っていくだけなのであろうか。
否、このもはやおぼろげともいえる記憶を失うことこそ、本当の事件なのではないだろうか。

(写真はWikipedia 炮击天安门案より。Public Domain)

10月1日の不幸

1年
準備中