『ジャニス・ジョップリンの宣材写真』1970年撮影

1970年10月4日は、不世出の歌姫、ジャニス・ジョプリンが死亡した日である。
無名のシンガーとしてビッグ・ブラザー・アンド・ザ・ホールディング・カンパニーに参加した1966年以降、死後に発売されるアルバム『Pearl』を録音中にヘロインの過剰摂取で死亡した1970年まで、たった5年という期間で驚くべき社会的影響を与えるに至った伝説である。
ヒッピームーブメント全盛期に開催された1969年のウッドストック・フェスティバルに出演し、時代の寵児として爆発的人気を得たジャニスであったが、それ故に生来嗜好していた過剰なドラッグとアルコールによって、27歳でその短すぎる人生を終えた。
彼女の死後、1971年発売の『Pearl』には、彼女の歌を吹き込めなかった『Buried Alive In The Blues 』、また、リハーサルのアカペラ音源である『Mercedes Benz 』等が収録されており、突然死の雰囲気が生々しく記憶されている作品である。
しかし、『Pearl』の音楽的な評価はロック史上に於いても燦然と輝くものであり、存在感、他のアーティストへの影響力という意味では、そこに並ぶものはないほどの名盤として知られている。
果たして、27歳という彼女の人生の短さは、“不幸”であったのだろうか。

(写真はWikipedia Janis Joplinより使用。Public Domain )

10月4日の不幸

1669年
【死去】レンブラント・ファン・レイン(Rembrandt Harmenszoon van Rijn)【画家/オランダ】レンブラントの名で知られるバロック期を代表するオランダ人画家。代表作『テュルプ博士の解剖学講義』等、光と影のコントラストを強調した画風を得意とし、数々の大作を遺した。オラニエ公の仕事を手がけるなどして名声を得たが、徹底した表現主義でクライアントの希望に添わないことも多かったために仕事は減ってゆき、本人の浪費癖も相まって、晩年は貧しい生活を送り死去。没年63歳。
1970年
【早世】【薬物過剰摂取】ジャニス・ジョプリン(Janis Joplin)【歌手/アメリカ】無名のシンガーとしてビッグ・ブラザー・アンド・ザ・ホールディング・カンパニーに参加した1966年以降、およそ5年という活動期間で驚くべき社会的影響を与えるに至った伝説の歌姫。代表曲に『Summertime』『Ball and Chain』等。レコーディングのため宿泊していたロサンゼルス、ハリウッドのランドマーク・モーター・ホテル105号室のベッドの脇でヘロインの過剰摂取により死亡。27歳没。
1972年
【死去】東海林太郎【歌手】ロイド眼鏡に燕尾服という出で立ちで直立不動で歌ったという昭和初期の国民的流行歌手。脳内出血で73歳没。
1992年
【航空事故】「エル・アル航空1862便墜落事故」オランダ・アムステルダムのスキポール空港を離陸したイスラエルのエル・アル航空のボーイング747型貨物機が、離陸直後6分で高層アパートに激突。乗員3名上客1名とアパートの住人39名の合計43人が死亡した。金属疲労によるピンの破壊が原因とされる。
1992年
【急死】デニス・ハルム(Denis Clive "Denny" Hulme)【レーシングドライバー/ニュージーランド】F1草創期にブラバム、マクラーレン等のチームで活躍したF1ドライバー。1967年にワールドチャンピオンを獲得。F1引退後もレースを続け、オーストラリアで開催されたバサースト1000に出場中、心臓発作で死亡。没年56歳。自らの体の異変を察知し、後続車両を気遣ってコースアウトして死んだと言われている。
1996年
【死去】シルヴィオ・ピオラ(Silvio Piola)【サッカー選手/イタリア】ラツィオ、トリノ、ユベントス等で活躍したイタリアきっての点取り屋。歴代1位のセリエA通算得点記録274ゴール、キャリア通算得点364ゴールもイタリア人1位である。没年83歳。
2001年
【航空事故】【怪事件】「シベリア航空機撃墜事件」イスラエルーロシア間を飛行中のシベリア航空機1812便のツポレフTu-154Mが、原因不明の墜落。乗員乗客全78人が死亡した。同時刻に演習を行なっていたウクライナ防空軍のミサイルの誤射との嫌疑がかかったが、ウクライナ軍、政府ともにこれを否定。しかし2003年にはウクライナとイスラエル間で補償が合意し、ウクライナ軍から遺族への補償は行なわれた。