『死の直前、ボリビアの田舎町でのチェ・ゲバラと、その死亡を伝えるために撮影されたクリーニング屋でのゲバラの死体』

1967年10月9日は、アルゼンチンに生まれ、南アメリカ大陸を放浪した後にキューバ革命を先導した革命家、チェ・ゲバラがボリビアの山中で捕らえられた後に射殺された日である。
1959年にフィデル・カストロとともにキューバを社会主義化したキューバ革命に成功した後に、国立銀行総裁、国連での主席等の要職を任されたキューバを離れ、革命を起こすためにコンゴに渡るが失敗。
その直後、新たなアメリカ大陸革命の拠点として選んだボリビアに渡り革命を目論むが、国内外からの支援も滞り孤独な戦いとなった。
そして1967年10月8日にアンデス山脈チューロ渓谷で20人程度の小隊で移動中に、政府軍の大軍の襲撃により身柄を拘束された。
そして近郊のイゲラ村の小学校に移送されたゲバラは、翌日大統領レネ・バリエントス・オルトゥーニョの命により射殺された。数発の弾丸を受けながらも絶命しないゲバラは狙撃者に向かい「撃て臆病者、おまえはただの男を撃つだけなんだ」と叫び、9発もの弾丸を浴びて初めて絶命したという。
その死に方さえも革命家としてのイメージを損なうことのなかったゲバラは、死してなお世界中の反米主義者の間ではカリスマとして称えられ、現在は彼の命を奪ったボリビアですら聖人のように崇められている。もちろん、革命の拠点となったキューバの英雄であることは言うまでもない。
死後、キューバ人写真家アルベルト・コルダにより制作されたゲバラの肖像『英雄的ゲリラ』はTシャツをはじめとして大量にコピーされた革命的アイコンとして世界中で今も増え続けている。
そのあまりのカリスマ性をかき消すために、ボリビア政府軍は処刑後にゲバラの死体写真を公表せざるを得なかったが、現在から振り返ると、その効果はあまりにも薄かったといわざるを得ない。
死してなお人々の心に生き続ける革命家——それがチェなのである。

(写真はWikipedia Che Guevaraより使用)

10月9日の不幸

1年
準備中
1934年
【暗殺】アレクサンダル1世(Aleksandar I Karađorđević)【ユーゴスラビア王】セルビア・クロアチア・スロベニアの王位を継承し、セルビア人の専制体制を強化したユーゴスラビア王。クロアチア人らから激しい抵抗を受け、フランスのマルセイユでフランス外相ルイ・バルトゥーを訪ねた際に、バルトゥーと乗り合わせた車の走行中に射殺された。犯人はクロアチア民族団体ウスタシャとも噂されたが不明。没年45歳。
1967年
【射殺】チェ・ゲバラ(Che Guevara)【革命家・医師/アルゼンチン】(つづきから)近郊のイゲラ村の小学校に移送され、翌日大統領レネ・バリエントス・オルトゥーニョの命により射殺された。没年39歳。
1967年
【射殺】チェ・ゲバラ(Che Guevara)【革命家・医師/アルゼンチン】南アメリカ大陸を放浪した後に1959年にフィデル・カストロとともにキューバ革命に導いた革命家。続いて革命を起こすためにコンゴに渡るが失敗。その直後、新たなアメリカ大陸革命の拠点として選んだボリビアに渡り革命を目論むが、国内外からの支援も滞り孤独な戦いとなり、1967年10月8日にアンデス山脈チューロ渓谷で20人程度の小隊で移動中に、政府軍の大軍の襲撃により身柄を拘束された。(つづく)
1969年
【死去】正力松太郎【実業家・政治家】内務省出身の警視庁警務部長を務めるが皇太子摂政宮裕仁親王(後の昭和天皇)を狙撃した「虎ノ門事件」の警備責任を取り退官。当時業績の落ちていた読売新聞を買い取り、その社主に。以降、日本テレビの設立、原子力発電の推進、日本プロ野球の発展等に尽力し、衆議院議員、貴族院議員、科学技術丁長官という政治活動も併せ、第二次大戦前後の政財界で絶大な権力を掌握した。後年、CIAのスパイとして活動していたことも明らかになった。84歳没。
1974年
【死去】オスカー・シンドラー(Oskar Schindler)【実業家/ドイツ】軍需工場を経営していた第二次世界大戦中に、ナチスドイツによるホロコーストから、自身の工場で雇用していた1,200人ものユダヤ人の命を救った。自身もナチス党員でありながら、その身の危険を顧みず行なったその救出行為は、『シンドラーのリスト』という小説、映画作品で全世界的に広く知られることとなった。66歳没。
2001年
【死去】 ハーバート・ロス(Herbert Ross)【映画監督/アメリカ】『愛と喝采の日々』『フットルース』『摩天楼はバラ色に』等のヒット作品で知られるブルックリン出身の映画監督。心不全で74歳没。