『マサチューセッツ工科大学の幹細胞研究会議に登壇するクリストファー・リーヴ』(2003年撮影)

2004年10月10日は、1978年から4作にわたり映画『スーパーマン』の主演を務めた俳優、クリストファー・リーヴが死亡した日である。
スーパーマン以前は無名の役者であったリーヴは、1938年発売の人気アメコミ作品の映画化で一躍スターに。しかし、そのクラーク・ケント役のイメージが強過ぎ、1987年の4作目以降は思うようなキャリアが送れなかった。そんな中、1995年5月27日に、バージニア州シャーロッツヴィルで乗馬中に落馬。その結果、脊髄損傷で首から下が全身麻痺という致命傷を負ってしまい、俳優業を全面的に中止。その後の人生のほとんどをリハビリに費やすこととなった。しかし、1999年のテレビ映画『裏窓』に車椅子の人物役で出演する等、可能な限りの出演を続け、全盛時の筋骨隆々とした究竟なヒーロー像とは異なるが、重度の障害を負っても俳優として活動ができることを世界に知らしめた。その痛々しくも荘厳な姿は、彼が若き日に演じたものとは異なるが、紛れもないヒーローであった。

(写真はWikipedia Christopher Reeveより使用。Public Domain)

10月10日の不幸

1934年
【死去】高村光雲【彫刻家】上野恩賜公園の西郷隆盛像、老猿等の代表作で有名な19世紀の日本を代表する彫刻家。『智恵子抄』の高村光太郎は実子。没年82歳。
2003年
【絶滅】「日本産のトキ絶滅」

佐渡トキ保護センターで保護飼育されていた日本産まれの最後のトキであるキン(雌)が死亡。これにより日本産のトキが絶滅し、中国産のもののみとなった。

2004年
【死去】クリストファー・リーヴ(Christopher Reeve)【俳優/アメリカ】1978年から4作にわたり映画『スーパーマン』の主演を務めた俳優。しかし、そのクラーク・ケント役のイメージが強過ぎ、以降は思うようなキャリアが送れなかった。1995年5月27日に、バージニア州シャーロッツヴィルで乗馬中に落馬し、脊髄損傷で首から下が全身麻痺。その後の人生のほとんどをリハビリに費やすこととなった。ニューヨークの自宅で心不全により死亡。没年52歳。