『1923年のジャン・コクトーの肖像(写真左)と1962年、ロッテルダムで出演するエディット・ピアフ』

1963年10月11日は、20世紀のフランスを代表する男女2人のアーティストがほぼ同時に死亡した日である。
片や不朽の名曲『Hymne à l'amour(愛の讃歌)』で知られるフランスの国民的歌手、エディット・ピアフ。
もう片方は小説家・詩人・映画監督という多才さで知られるアーティストであり、代表作『恐るべき子供たち』で知られるジャン・コクトー。
1940年にはエディット・ピアフのための演劇『Le Bel Indifferent』をコクトーが作ったように、公私ともに交流のある二人であった。
そして1963年10月11日に、ピアフが肝臓ガンで死亡すると、そのニュースを聞いたコクトーは激しく落ち込み(ピアフの死が公表されたのは10月12日)、その同日の晩、寝床に就くとそのまま心臓発作で死亡したという。
ピアフは47歳、コクトーは74歳という生涯だった。
年齢も性別も違う2人ではあったが、死亡した日は同じ。
やはり思い入れが深ければ深いほど、他人の死は、伝染するということなのだろうか。
生前は世界的ともいえる絶大な影響力を人々に与えてきた二人だけに、お互いへの影響力もまた、途轍もなく大きかったのであろう。

(写真はWikipedia Édith Piaf, Jean Cocteauより使用)

10月11日の不幸

1年
準備中