『社会党・浅村稲次郎書記長を刺殺しようと飛びかかる山口二矢』

1960年10月12日は、当時17歳の山口二矢が、社会党・浅村稲次郎書記長を刺殺した「浅沼稲次郎暗殺事件」が起きた日である。
自民・社会・民主の三党による公開演説で、その日の日比谷公会堂は2,500人もの聴衆で埋め尽くされており、ラジオ中継、テレビ中継も用意されていた。
事件発生の瞬間は、ラジオでは生中継、テレビは急遽生中継に切り替わり、国民の多くがその日本放送史上に残る“実際の殺人”を目の当たりにした。
ちなみに犯人の山口は犯行翌月、収監中の東京少年鑑別所で、「七生報国 天皇陛下万才」という文字を歯磨き粉で壁に記し、首吊りで獄中自殺をしている。
辞世の句は「国のため 神州男児 晴れやかに ほほえみ行かん 死出の旅路に」。
幼年時代から、同じく右翼思想を持っていた兄の影響を受けて政情を憂慮していたという山口が、大日本愛国党に入党したのが16歳の時。そして17歳でこの刺殺事件を起こし、そのまま死を望み、死亡。
その暴力的な行動が許されるものであったかは判断が分かれるところだが、おそらく、ここまで思い通りに人生を終えた人物も他にいないであろう。
その死後、山口は多くの人物に多大な影響をもたらし、大江健三郎作『セブンティーン』若松孝二の映画『11、25自決の日 三島由紀夫と若者たち』等多くの芸術作品のテーマになったほか、一部の右翼団体からは彼の命日を祝祭日として祝う祭りまでが開催されている。

(写真はPublic Domain)

10月12日の不幸

1年
準備中