『ゾルゲをモチーフにしたソ連の記念切手(1965年)』

1941年10月18日は、ソ連ののスパイ、リヒャルト・ゾルゲを中心としたゾルゲ諜報団による「ゾルゲ事件」が発覚し、諜報団が一斉逮捕された日である。
マックス・クラウゼン(ソ連人スパイ)、尾崎秀実(朝日新聞記者)、ブランコ・ド・ヴーケリッチ(ユーゴスラビア人スパイ)らと日独連合軍の情報を本国に送っていたゾルゲは、アメリカ共産党員の北林トモの逮捕から芋づる式に捕らえられたが、死地で得たその貴重な諜報活動にもかかわらず、当時のソ連書記長のスターリンからは二重スパイの嫌疑をかけられていたために無視をされていたという。
ゾルゲ事件発覚後の処刑直前に発した「ソビエト赤軍、国際共産主義万歳」の言葉が、祖国からも見捨てられた状態のスパイによるものであったと考えると、悲哀を帯びてくる。
信念を貫いて国のために命を捨てたスパイと、それを省みない祖国。
スターリン体勢の終局後、祖国ソ連ではその働きに関し“日独との直接会戦を防いだ英雄”として評価されるようになり、記念切手が発売されるほどの国民的英雄となったのがせめてもの救いか。

(写真はWikipedia リヒャルト・ゾルゲより。Public Domain)

10月18日の不幸

1年
準備中
1931年
【死去】トーマス・エジソン(Thomas Alva Edison)【発明家/アメリカ】白熱電球、蓄音機、活動写真(映画)等、文明生活を一変させる大発明の他、生涯に1300もの発明を残した"発明王"。少年時代に好奇心が強過ぎて教師からクレームが出たという逸話でも知られている。晩年は死者との交信を研究したり降霊術を信じるなど、オカルト分野にまでその好奇心を向けていた。糖尿の合併症で84歳没。
1978年
【死去】ラモン・メルカデル(Jaime Ramón Mercader del Río Hernández)【諜報員/スペイン】(つづきから)晩年はフィデル・カストロの招聘もありキューバに移り住み、キューバ外務省顧問として余生を送った。肺炎で64歳没。
1978年
【死去】ラモン・メルカデル(Jaime Ramón Mercader del Río Hernández)【諜報員/スペイン】ソ連のNKVD(内務人民委員部)で活動したスペイン生まれの諜報員。スターリンの政敵であったレフ・トロツキーを亡命先のメキシコで暗殺したことで知られている。メキシコで20年間服役後にソ連に渡りスターリン勲章を受勲したが、既にスターリン亡きソ連では彼の居場所はなく、ソ連共産党にも入党できなかったため、(つづく)
2009年
【死去】剛竜馬【プロレスラー】(つづきから)セミリタイア状態の2003年にひったくり事件が報じられるなど(不起訴)晩年は活躍の場を失っていた。2009年に敗血症により53歳没。10月7日の自転車事故で開放骨折した右手首から細菌が入ったことが原因といわれている。
2009年
【死去】剛竜馬【プロレスラー】16歳の頃国際プロレスデビュー。リングネームは公募により付けられた。得意技はランニング・ネックブリーカー・ドロップ。その後新日本プロレス、全日本プロレス、UWF(第1次)を転戦し、その後はパイオニア戦志、オリエンタルプロレス等のインディー団体を経て「剛軍団」を旗揚げ、"プロレスバカ"のニックネームと"ショア!"のかけ声でマット界の話題をさらった。(つづく)