『19歳のカミーユ・クローデル』

1884年10月19日は、不遇のままこの世を去ったフランスの天才彫刻家、カミーユ・クローデルが死亡した日である。
不世出の世界的彫刻家、オーギュスト・ロダンに19歳で弟子入り後、すぐに恋愛関係となった彼女だが、15年もの三角関係の後にロダンは内妻を選び、彼女の元を去ることになった。その間にロダンの子供を妊娠・流産していたこともあり、カミーユは精神状態を崩し、統合失調症を発症。ロダンが自らのアイデアを盗用しており、自らを抹殺するために陰謀をしかけてきていると信じ込みながら、以降の人生のほぼ全てを精神病棟で過ごした。そして、ロダンへの恨みから、多くの作品を自ら破壊したカミーユであったが、その残った作品群が、その死後に陽の目を見ることになる。彼女が失意のまま痩せ細り死亡した1884年から67年後の1951年、カミーユの残した作品群を弟で劇作家のポール・クローデルが、ロダン美術館で作品を展示したのだ。それ以来、重厚でリアルなロダンの作品とは違う、流麗で動きのあるカミーユの作品は世界的な評価を獲得し、ものによってはロダンの作品よりも高価な価格で取引されている。ちなみに、内妻に先立たれたロダンは、その死の直前、「若い方の妻に会いたい」とカミーユに一目会うことを切望したという。果たして、多くの素晴らしい作品を残し、ロダンの心を捕らえて放さなかったカミーユ・クローデルの人生は、不幸であったといえるのであろうか?

(写真はWikipedia Camille Claudelより使用。Public Domain)

10月19日の不幸

1909年
【死去】チェーザレ・ロンブローゾ(Cesare Lombroso)【精神科医/イタリア】犯罪人類学、犯罪学の創始者。代表的な著書に全3巻の『犯罪人論(L'uomo delinquente)』がある。嘘をついた際に脈拍や血圧が変化することを発見し、ポリグラフの原型を開発、導入したことでも知られる。没年73歳。
1936年
【死去】魯迅(Lu Xun)【小説家・翻訳家・思想家/中国】西洋文化、西洋思想に若くから触れ、西洋的な小説を中国人として初めて記した小説家。中国にあっては稀な左翼文壇の聖人として知られている。代表作に『狂人日記』『阿Q正伝』等。日本にも仙台を中心に7年間ほど留学した。喘息で55歳没。
1943年
【死去】カミーユ・クローデル(Camille Claudel)【彫刻家/フランス】ロダンに19歳で弟子入り後、すぐに恋愛関係となった不遇の天才彫刻家。15年もの三角関係の後にロダンは内妻を選び、彼女の元を去ったが、その間にロダンの子供を妊娠・流産していたこともあり、カミーユは精神状態を崩し、統合失調症を発症。ロダンが自らのアイデアを盗用しており、自らを抹殺するために陰謀をしかけてきていると信じ込みながら、以降の人生のほぼ全てを精神病棟で過ごし、78歳で死亡。死後、ロダン美術館での展示で世界的な評価を獲得。
1986年
【航空事故】【怪事件】ザンビアの国際会議後、モザンビーク共和国の初代大統領サモラ・マシェルと、大臣、政府関係者が乗ったツポレフTu-134がレボンボ山脈に墜落。乗員乗客44人中マシェル大統領を含む34人が死亡。南アフリカ政府の関与を疑う声も出たがその真偽は不明。
1987年
【経済】「ブラックマンデー」1987年10月19日の月曜日にニューヨーク株式市場が大暴落し、世界最大規模の株式暴落が世界中に波及。
1995年
【死去】丸木位里【日本画家】広島出身の日本画家。アメリカ軍による平島への原爆投下直後、疎開先の埼玉から妻の丸木俊と故郷へと赴き、その惨状を妻との共作『原爆の図』、絵本『ピカドン』として発表。以降も原爆をテーマにした絵を発表し続けた。1967年には埼玉県東松山市の自宅近くに「原爆の図丸木美術館」を設立した。没年94歳。
2003年
【急死】ロード・ウォーリアー・ホーク(Road Warrior Hawk)【プロレスラー/アメリカ合衆国】

本名マイケル・ヘグストランド、ミネソタ州ミネアポリス出身のプロレスラー。ロード・ウォリアー・アニマルとのタッグチーム「ロード・ウォリアーズ(リージョン・オブ・ドゥーム)」を結成し、映画『マッドマックス』を意識した甲冑のコスチューム、とモヒカンヘア、顔のペインティングという破天荒なルックスで、嵐のように大暴れする独特のファイトスタイルで、1980年代、日米のあらゆるプロレス団体を席巻した。得意技は肩車した相手をコーナーポスト最上段からクローズ・ラインで叩き落とす合体技「ドゥームズデイ・デバイス(ダブル・インパクト)」。1992年には新日本プロレスに定期参戦し、パワー・ウォリアー(佐々木健介)との「ヘルレイザース」として活躍。フロリダ州の自宅で「疲れたので仮眠をとる」と妻に言い、その1時間後心に臓発作で死んでいるところを発見された。没年46歳。

2005年
【死去】宮城けんじ【漫才師】東京の演芸界で長らく活躍した東けんじとの漫才コンビ「Wけんじ」のツッコミ。演芸場以外でも、テレビ、映画などで活躍した。私生活では大のギャンブル好き、愛煙家として知られた。肺ガンで81歳没。