『1946年の原口統三』

1946年10月25日は、当時第一高等学校3年の学生であった原口統三が、『二十歳のエチュード』を書き遺して逗子海岸で入水自殺をした日である。
京城(現ソウル)に生まれ、その後も旧満州国内を転々としていた流浪の幼少期を過ごし、ランボーに激しく感化された原口は、同じ学校に通っていた詩人の清岡卓行、フランス文学者の橋本一明に影響を与えるような強烈な文学的才能を持っていたが、ほとんど誰とも交わらない学生であったという。
そして、死にとらわれた原口は1946年の10月2日に自殺未遂事件を起こし、その同月の25日に改めて逗子の海岸で入水自殺している。
そんな原口が、同級生の橋本一明に託した遺作『二十歳のエチュード』は、自死の前日の24日から当日にわたって記されたものである。
ランボーの教えに傾倒しながらも、古今の著名人から自らの親友たちまでを引用し、明快に自らの死を定義してゆくこの作品は、とても19歳の若者の手によるものとは思えぬほど強固な人生観を表現しきっており、1948年に橋本の編集により出版されて以来、多くの読者たちを魅了してきた。

「原口は人生に最初から失恋して生まれて来たような男だったよ」(『二十歳のエチュード』より)

19歳の詩人は、その絶望を笑って海に沈んだ。

(写真はWikipedia 原口統三より。Public Domain)

10月25日の不幸

1年
準備中
1946年
【自殺】原口統三【詩人】京城(現ソウル)に生まれ、旧満州国内を転々としていた流浪の幼少期を過ごし、ランボーに激しく感化された原口は、同じ学校に通っていた詩人の清岡卓行、フランス文学者の橋本一明に影響を与えるような強烈な文学的才能を持っていたが、やがて死にとらわれた原口は1946年の10月2日に自殺未遂事件を起こし、その同月の25日に改めて逗子の海岸で入水自殺した。その自殺直前に同級生の橋本一明に託した遺作『二十歳のエチュード』1948年に橋本の編集により出版されて以来、多くの読者を魅了した。没年19歳。
1973年
【死去】アベベ・ビキラ(Abebe Bikila)【マラソン選手/エチオピア】1960年のローマ、1964年の東京という2つのオリンピックのマラソン競技において連続で優勝を収めたエチオピアの伝説的なマラソンランナー。ローマオリンピックで靴が壊れたために裸足で走り、当時の世界最高記録2時間15分16秒2という驚異的な記録で優勝した。1968年のメキシコ大会では途中棄権。その半年後の1969年に起こした自動車事故で下半身不随になり(陰謀説あり)、1973年10月25日で脳出血で死亡。没年41歳。
2002年
【死去】リチャード・ハリス(Richard Harris)【俳優・歌手/アイルランド】1968年のヒット曲『マッカーサー・パーク』で知られるアイルランドの俳優。代表作『孤独の報酬』でカンヌ国際映画祭男優賞を受賞した。晩年は『ハリーポッター』シリーズの魔法学校校長=アルバス・ダンブルドア役で活躍した。ホジキンリンパ腫で72歳没。
2002年
【暗殺】【怪死】石井紘基【政治家】安保闘争参加時に江田三郎に憧れ、後に政治家を志した民主党所属の衆議院議員。2002年10月25日、世田谷区の自宅駐車場において、山口組系右翼団体代表を名乗る伊藤白水により柳刃包丁で左胸を刺されて死亡。伊藤は「借金の申し入れを断られたため」とその動機を語ったが、石井が国家予算の追求や官僚のスキャンダルを暴こうとしていたために暗殺されたという見方も強い。殺害現場からは、石井が国会へ提出するための書類が紛失していたという。没年61歳。
2008年
【死去】ジェラルド・ダミアーノ(Gerard Damiano)【ポルノ映画監督/アメリカ】史上最大の成功を収めたポルノ映画として知られる1972年の『ディープ・スロート』(主演=リンダ・ラヴレース)を監督。脳卒中で80歳没。