『マルセル・セルダンのポートレイト(左)と、セルダンと写るエディット・ピアフ』

1949年10月27日は、「1949年エールフランス・ロッキードコンステレーション墜落事故」により、ボクシング元ミドル級世界王者のマルセル・セルダンが死亡した日である。
この悲劇的な航空事故は、パリからニューヨークに向かう定期便であり、途中経由地のアゾレス諸島サンタマリア空港に着陸する際にサンミゲル島のバラ山の岸壁に激突し乗員乗客合わせて48人の全員が死亡。このフランス人チャンピオンの他には、将来を嘱望された天才フランス人ヴァイオリニストのジネット・ヌヴーらも含まれていた。
そしてこのセルダンの死は、別の側面を持った死亡事故であった。
生前、彼が交際していたのはフランスの国民的歌手、エディット・ピアフであったのだが、彼女の不朽の名曲『Hymne à l'amour(愛の賛歌)』は、この事故によって死んだセルダンのことを思って書いた歌であったために、叶わぬ恋を歌ったこの歌は、墜落事故にうちひしがれて書かれたものだと思ったのだ。
しかし実際のところ、この歌は生前のセルダンのために書かれたもので、妻子ある男性だった彼との恋への終止符として書かれたものであったという。
どちらにしろその恋は叶わぬ悲恋となったが、ピアフその悲痛な叫びは、永遠の美しさとなって、これからも歌い継がれてゆくであろう。

(画像はPublic Domain)

10月27日の不幸

1949年
【航空事故死】ジネット・ヌヴー(Ginette Neveu)【ヴァイオリニスト/フランス】7歳でパリ音楽院に入学し11歳で首席卒業したという天才ヴァイオリニスト。16歳でニューヨーク、18歳でベルリンでデビューし、絶大な人気を獲得し、やがて世界中で活躍した。3度目のアメリカ演奏のために乗った飛行機が「1949年エールフランスロッキードコンステレーション墜落事故」に遭い死亡。没年30歳。
1949年
【航空事故死】マルセル・セルダン(Marcel Cerdan)【ボクサー/フランス】フランス領アルジェリア出身のプロボクサー。通算成績123戦119勝(74KO)4敗。攻撃的な強打の王者で、世界初挑戦のトニー・ゼール戦でKO勝ちを収め世界ミドル級チャンピオンに。フランスの国民的英雄となったが、1949年6月16日に行なわれた初防衛のジェイク・ラモッタ戦にTKO負け。同年に雪辱戦が決まり、開催地のニューヨークに向かったが「1949年エールフランスロッキードコンステレーション墜落事故」で死亡した。没年33歳。
2008年
【死去】フランク永井【歌手】(つづきから)事件の後遺症から知能が回復せず、鬱病にかかった夫人も1991年に自殺未遂事件を起こし、翌年離婚。晩年は有料老人ホームで過ごした。肺炎で76歳没。
2008年
【死去】フランク永井【歌手】低音を活かしたムード歌謡で人気を博した国民的歌手。有楽町のデパート、そごうのキャンペーンソングとして作られた『有楽町で逢いましょう』が半年で50万枚も売れる大ヒットに。一躍人気歌手となった。1961年の『君恋し』で第3回日本レコード大賞を獲得。NHKの紅白歌合戦には26回連続で出場していたが、1983年に落選。1985年には自宅の階段で首吊りの自殺未遂事件を起こすが、夫人の発見で一命をとりとめる。自殺前後の記憶を失ったため、その原因は不明だった。(つづく)
2013年
【死去】ルー・リード(Lou Reed)【ミュージシャン/アメリカ】1965年に後の世界的ロックバンド「ヴェルヴェット・アンダーグラウンド」を結成、そのヴォーカル、ギタリストを務めた。アンディ・ウォーホルのバナナのイラストのジャケットで知られるアルバム『ヴェルヴェット・アンダーグラウンド・アンド・ニコ』でデビュー。1970年にバンド解散後もソロで活動し、世界のロックシーンに影響を与え続けた。2013年5月に肝臓移植を受けたが、その年の10月27日に肝疾患で死亡。没年71歳。