『イタリア共産党の祖、アントニオ・グラムシの墓参りをするパゾリーニ』

1975年11月2日は、イタリアの映画監督、ピエロ・パオロ・パゾリーニが暗殺された日である。
過激で変態的な性描写で悪名高い1975年公開の映画『ソドムの市』(原作はマルキ・ド・サドの『ソドム百二十日あるいは淫蕩学校』)の監督として知られるパゾリーニは、その作中にネオファシストや右派、資本主義への強い批判を込めていたとされるが、その撮影直後、激しい性的暴行の末に自らの愛車アルファ・ロメオによって何度も轢かれるという残酷極まりない方法で殺害された。
睾丸が潰される等のこの過激な殺害方法は、イタリア・マフィアの伝統的なやり方であったが、犯人として名乗り出たのは同作に出演していた17歳の俳優、ピーノ・ペロージであった。
彼の証言によると、「パゾリーニと食事をした後に、肛門へ木の棒を挿入するプレイを強要されたことを拒絶したいあまりに、彼の車で何度も轢いてしまった」ということであった。
パゾリーニは過去に少年への性的暴行のスキャンダルでイタリア共産党を離れていたこともあり、そのままペロージの単独犯行ということで有罪判決が下ったが、やはりその殺害状況に無理があったことは否めず、案の定、ペロージは2005年に29年前の自白を撤回、「家族の生命に危険が及ぶという脅迫下での虚言であった」と告白、さらに「真犯人は南部イタリア訛りのファシスト3人組が行なったものだ」と改めて証言した。
その自白を受け、ローマ警察は改めてその殺人事件の調査を再開したが、判事は再審議には証拠不十分という決定をくだし、その死の真相には蓋がされる形となった。

(写真はWikipedia Pier Paolo Pasoliniより使用。Public Domain)

11月2日の不幸

1960年
【自殺】山口二矢【右翼活動家】幼年時代から、同じく右翼思想を持っていた兄の影響を受けて政情を憂慮するという幼年期を送り、16歳で大日本愛国党に入党。17歳であった1960年10月12日に、社会党・浅村稲次郎書記長を刺殺した「浅沼稲次郎暗殺事件」を起こした主犯として知られる。犯行翌月2日、収監中の東京少年鑑別所で、「七生報国 天皇陛下万才」という文字を歯磨き粉で壁に記し、首吊りで獄中自殺。没年17歳。辞世の句は「国のため 神州男児 晴れやかに ほほえみ行かん 死出の旅路に」。
1975年
【怪死】ピエル・パオロ・パゾリーニ(Pier Paolo Pasolini)【映画監督/イタリア】教職から映画界に転身し、フェデリコ・フェリーニ監督作『カビリアの夜』等の脚本を手がけ、『アッカトーネ』で監督デビュー。過激で変態的な性描写で知られる1975年公開の代表作『ソドムの市』の撮影直後、激しい性的暴行の末に自らの愛車アルファ・ロメオによって何度も轢かれるという残酷極まりない方法で殺害された。(つづく)
1975年
【怪死】ピエル・パオロ・パゾリーニ(Pier Paolo Pasolini)【映画監督/イタリア】(つづきから)犯人として名乗り出たのは同作に出演していた17歳の俳優、ピーノ・ペロージであったが、2005年に29年前の自白を撤回、「家族の生命に危険が及ぶという脅迫下での虚言であった」と告白、さらに「真犯人は南部イタリア訛りのファシスト3人組が行なったものだ」と改めて証言した。現在も事件の真相は不明。
2004年
【殺人事件】【イスラム事件】テオ・ファン・ゴッホ(Theodoor van Gogh)【映画監督/オランダ】(つづきから)その描写がイスラム勢力から強い反発を招き、原作者の政治家、アヤーン・ヒルシ・アリとともに殺害予告を受け、そのまま26歳のモロッコ系オランダ人のモハンマド・ボウイェリによって殺害。8発の銃弾が打ち込まれ、喉は切り裂かれ、胸には2本のナイフが突き刺さっていたという。没年47歳。
2004年
【殺人事件】【イスラム事件】テオ・ファン・ゴッホ(Theodoor van Gogh)【映画監督/オランダ】世界的画家、ファン・ゴッホの実弟テオの曾孫にあたる映画監督。過激なコラムニストとしても活動し、2001年のアメリカ同時多発テロ以降は反イスラム主義の姿勢を強め、2004年にイスラム社会における女性への虐待をテーマにした映画『Submission』を監督した。(つづく)