『バッドフィンガーの1971年発表のアルバム『ストレート・アップ』のジャケット写真』(中央左がトム・エヴァンス、中央右がピート・ハム)

1983年11月19日は、イギリスのロック・バンド、バッド・フィンガーのリード・ヴォーカル、トム・エヴァンスが首吊り自殺をした日である。
ザ・ビートルズのレーベル「アップル・レコード」の新人としてデビューしたロックバンド、バッドフィンガーだったが、思うようなセールスは記録できず、アップルレコードの事業失敗の煽りをくらい脱退。ワーナーに移籍して再起を期したが、権利関係のトラブルから困窮し、その苦悩からリーダーのピート・ハムが1975年4月25日に首吊り自殺。
その後もバンドは新メンバーを入れて活動を続けたが、1983年にトムもピートと同じ首吊り自殺を選択した。
その理由は、ピートの共作曲であり、ハリー・ニルソン、そして後年のマライア・キャリーのカバーによって全世界的なヒットを記録したバッド・フィンガー最大のヒット曲『Without You』の印税交渉に絶望してのことだったと、そして、ピートの死から立ち直れないままの自殺だったといわれている。
『Without You』の作曲に於いて「I can't live if living is without you」というサビの部分を担当したのがトムといわれているが、その歌詞の通り、ピートがいなくなった世界では長く生きてゆけなかった。

(写真は『ストレート・アップ』(アップル・レコード)より)

11月19日の不幸

1年
準備中
1983年
【自殺】トム・エヴァンズ(Tom Evans)【ミュージシャン/イギリス】(つづきから)ピートとの共作であるバッド・フィンガー最大のヒット曲『Without You』の印税交渉に絶望し、ピートの死から立ち直れないままの自殺だったといわれている。没年36歳。
1983年
【自殺】トム・エヴァンズ(Tom Evans)【ミュージシャン/イギリス】ザ・ビートルズのレーベル「アップル・レコード」の新人としてデビューしたロックバンド、バッドフィンガーのギター、リードボーカル。ワーナーに移籍して再起を期したが、権利関係のトラブルから困窮し、その苦悩からリーダーのピート・ハムが1975年4月25日に首吊り自殺。その後もバンドは新メンバーを入れて活動を続けたが、1983年にトムもピートと同じ首吊り自殺を選択した。(つづく)
2004年
【早世】ブライアン・トラックスラー(Brian Lee Traxler)【プロ野球選手/アメリカ】MLBドジャース傘下のマイナーリーガーであったが、1994年に福岡ダイエーホークスに入団し129試合に出場、ホームラン15本を記録するなどの活躍をしたが、翌年ダイエーがメジャー・リーグの大物、ケビン・ミッチェルを獲得したことにより1年で解雇された。その後マイナーリーグに戻り、台湾リーグの和信ホエールズ等に移籍したが1998年に引退。マイナーリーグで打撃コーチになったが、37歳の若さで肝硬変により死亡。
2012年
【死去】宮史郎【歌手】兄の宮五郎、並木ひろしと結成した音曲漫才グループ「ぴんからトリオ」でデビュー演歌歌手。1972年に自主制作した『女のみち』が420万枚という大ヒットを記録した。1973年に並木が脱退すると「ぴんから兄弟」に改名し、1983年には兄も引退。以降はソロ歌手として活動した。多臓器不全で69歳没。
2014年
【死去】ジョニー大倉【ミュージシャン・俳優】矢沢永吉らと結成したロック・バンド「キャロル」で1972年にデビュー。ギター、ボーカル、作詞を担当し、『ファンキー・モンキー・ベイビー』等のヒット曲を送り出した。また、早くから在日韓国人二世であることを公表し、在日を主題にした映画『異邦人の河』で俳優を務めた。1975年にキャロル解散後、ソロシンガー、俳優として活動。2009年3月に悪性リンパ腫の手術を受け、2013年6月に肺ガンと診断された。翌年3月に退院したが8月に再発。再入院後、肺炎で死亡した。没年62歳。