『1975年のグラハム・ヒル』

1975年11月29日は、1960年代に2度のワールドチャンピオンに輝いたF1レーサー、グラハム・ヒルが自らの操縦していた飛行機の墜落事故で死亡した日である。
現役生活中の1973年に自らのチーム「ヒル」を立ち上げ、1975年5月11日のモナコグランプリを最後に引退しチームマネジメントに専念していた。
そんな最後のシーズンの終了直後、来シーズン用の車体のテスト走行で訪れたフランスのポール・リカール・サーキットから引き上げる際に自らが飛行機を操縦。しかし濃い霧の中、夜間に強引な着陸を試みて失敗。
ヒル、メインドライバーのトニー・ブライズを含むチーム関係者6名の全員が死亡した。
ヒルの自家用車が置いてあった悪条件下のエルストゥリー飛行場に向かったことが原因であると言われている。
この事故の際に使われた飛行機は登録もされておらず、さらには保険にも加入していなかったために、ヒルの一家には途方もない賠償金がのしかかることとなった。
しかし、息子のデーモン・ヒル、さらにその息子であるジョシュア・ヒルはグラハムの命を奪ったレーサーとしての人生を選択、親子三代にわたりレーサーの道を歩んでいる。
人間の人生は、時として“不幸の記憶”をも凌駕する何かによって、突き動かされているのだろう。

(写真はWikipedia Graham Hillより使用)

11月29日の不幸

1年
準備中
1975年
【航空事故死】グラハム・ヒル(Graham Hill)【レーシングドライバー】(つづきから)濃霧の夜間に強引な着陸を試みて失敗。ヒル、メインドライバーのトニー・ブライズを含むチーム関係者6名の全員が死亡した。没年46歳。
1975年
【航空事故死】グラハム・ヒル(Graham Hill)【レーシングドライバー】1962年、1968年に2度のワールドチャンピオンに輝いたF1レーサー。息子のデーモン・ヒル、孫の息のジョシュア・ヒルも同じくレーサーとして活躍。現役生活中の1973年に自らのチーム「ヒル」を立ち上げ、1975年5月11日のモナコグランプリを最後に引退しチームマネジメントに専念していたが、シーズン終了直後に来シーズン用のテスト走行で訪れたフランスのポール・リカール・サーキットから引き上げる際に自らが飛行機を操縦し、(つづく)
1981年
【怪死】ナタリー・ウッド(Natalie Wood)【女優/アメリカ】1943年の5歳の頃から子役として活躍し、1947年の映画『三十四丁目の奇蹟』で人気スターに。1955年の『理由なき反抗』ではアカデミー助演女優賞にノミネート。その後も『ウエスト・サイド物語』等のヒット作で活躍した。私生活でもプレスリーやデニス・ホッパーらと交際していた恋多き女優だった。1981年の『ブレイン・ストーム』撮影中に水死体となって発見された。没年43歳。事故死として処理されたが、死体に打撲や傷跡があったために他殺説も根強い。
1992年
【死去】エミリオ・プッチ(Emilio Pucci)【ファッションデザイナー/イタリア】第二次世界大戦中に空軍でパイロットを経験し、その後政治学の博士号を活かしイタリア議会に10年間在籍。1947年に雑誌『ハーパース・バザー』に高校時代に自作したスキー・ウェアを掲載したところ話題になり、同誌からスポーツウェアのデザインを依頼され服飾の道に。以降、独特の色彩と模様の"プッチ柄"がマリリン・モンロー、エリザベス・テーラー、ジャクリーン・ケネディ等のセレブリティに受け、人気デザイナーに。(つづく)
1992年
【死去】エミリオ・プッチ(Emilio Pucci)【ファッションデザイナー/イタリア】(つづきから)政治家と並行しながら世界的デザイナーとして活動した。フィレンツェの老人ホームで78歳没。
2001年
【死去】ジョージ・ハリスン(George Harrison)【ミュージシャン/イギリス】(つづきから)また、モータースポーツのファンで、長年のファンであったというグラハム・ヒルの息子、デーモン・ヒルのF3参戦時には資金援助していたという。2001年から肺ガン、脳腫瘍を患い、グラハム・ヒルと同じ11月29日に肺ガンで死亡。
2001年
【死去】ジョージ・ハリスン(George Harrison)【ミュージシャン/イギリス】1960年代に爆発的なヒットを記録した世界的バンド「ビートルズ」のリードギターを務めたミュージシャン。解散後は初のソロアルバム『オール・シングス・マスト・パス』が全米、全英でチャート1位に。ボブ・ディラン、エリック・クラプトンらとの幅広い交友関係を活かし活動し、世界初の巨大チャリティーコンサート『バングラデシュ・コンサート』を1971年に開催した。(つづく)
2006年
【死去】実相寺昭雄【映画監督】外務省勤務を経て、ラジオ東京(後のTBS)に入社。1965年に映画部に移動し、子供向けに止まらない世界観を持った特撮ドラマ『ウルトラマン』『ウルトラセブン』の演出でその名を知らしめた。また1970年の長編映画第1作『無常』でロカルノ国際映画祭グランプリを受賞した。胃ガンのため69歳没。
2006年
【死去】アレン・カー(Allen Carr)【禁煙運動家/イギリス】ロンドン在住の会計士であったが、1983年に禁煙に成功し『禁煙セラピー』を出版。その経験を元に、世界41ヵ国で禁煙クリニックを開設した。2006年にスペイン・マラガの自宅で肺ガンのため死去。没年72歳。