『1882年、ニューヨークでのオスカー・ワイルド』(撮影=ナポレオン・サロニー)

1900年11月30日は、アイルランド出身の19世紀を代表する詩人、小説家、編集者であるオスカー・ワイルドが死亡した日である。
幼少期から詩人であった母に女装をさせられていたオスカー・ワイルドは、若かりし頃から派手で風変わりな服装で知られ、男女問わず著名人たちと浮き名を流す享楽的な人物として知られた。
その生活スタイルは『忍耐、又はバンソーンの花嫁』のヒットで人気作家になっても、妻を娶り2児をもうけても変わらず、1891年に『サロメ』が大ヒットした前後にも、若き少年、青年とのロマンスを絶やさなかった。
その中でも『サロメ』の英訳者でもあった16歳年下のアルフレッド・ダグラスとの恋はスキャンダラスなもので、横暴なダグラスの父の逆鱗に触れたワイルドは、そのホモセクシュアルな関係を卑猥であると咎められ、2年間の懲役刑に処される。
出所後はダグラスともう一人の恋人、ロバート・ロスと、それぞれと放浪の生活を続け、その途中で亡くなっていた自らの妻の墓参りにさえ、1年以上も遅れるという始末であった。
遂には死ぬその時まで放浪を続け、最後はパリで死亡。その葬式に出席したのは、恋人たちとあと数人という、かつての煌びやかな生活とはかけ離れた寂しいものとなったという。
人間としての栄枯盛衰、そのすべてをたった46年間でやり尽くし亡くなったオスカー・ワイルドの人生は、果たして不幸であったのか、幸福であったのか。

(写真はWikipedia Oscar Wildeより使用。Public Domain)

11月30日の不幸

1900年
【死去】オスカー・ワイルド(Oscar Wilde)【詩人・小説家・編集者/アイルランド】(つづきから)その中でも『サロメ』の英訳者でもあった16歳年下のアルフレッド・ダグラスとの恋はスキャンダラスなもので、横暴なダグラスの父の逆鱗に触れたワイルドは、そのホモセクシュアルな関係を卑猥であると咎められ、2年間の懲役刑に処される。出所後はダグラスともう一人の恋人、ロバート・ロスと、それぞれと死に際まで放浪を続け、パリのホテル『L'Hôtel』宿泊中に梅毒による脳髄膜炎で死亡。没年46歳。
2008年
【死去】天野哲夫【小説家】新潮社の校閲部に勤務しながら活動をしていた小説家。当初は世紀の奇書『家畜人ヤプー』の著者である正体不明の作家・沼正三の代理人を名乗っていたが、1982年に自らが著者のひとりであると公表した。その真偽を巡り様々な憶測を呼んだが、沼正三名義の『マゾヒストMの遺言』は天野の手によるものといわれている。天野哲夫名義でも『わが汚辱の世界』『犬になった老人の死』等や雑誌『S&Mスナイパー』誌で長期連載『ある異端者の随想録』等のマゾヒスティックな世界観の作品を発表。肺炎のため82歳で死亡した。
2015年
【死去】水木しげる【漫画家】紙芝居作家、貸本漫画家を経て妖怪漫画の大家に。左手を失った傷痍軍人としても知られている。紙芝居作品『ハカバキタロー』をベースにした『ゲゲゲの鬼太郎』がマンガ雑誌『ガロ』で人気に、その後『少年マガジン』等の少年マンガ誌に活動の場を移し、『ゲゲゲの鬼太郎』『悪魔くん』が次々とアニメ化。2010年には妻・布枝著の『ゲゲゲの女房』がNHKの朝ドラで実写化。晩年にもかかわらず国民的人気を獲得した。死の直前まで活動を続け、多臓器不全で93歳没。