『20歳頃に描かれたマルキ・ド・サド唯一の肖像画』画=チャールズ・アメデル・フィリップ・ファン・ルー

1814年12月2日は、18世紀〜19世紀のフランスで活動した小説家のマルキ・ド・サドの死亡した日である。
フランス革命期の貴族の家柄に生まれたマルキは、物乞いの未亡人への暴行や、娼館での乱交、肛門性交の罪で1778年に収監された。
そしてその獄中で、当時のヨーロッパ世界の絶対的な規範とされていたキリスト教を蹂躙するかのような超個人主義的、超背徳主義的な自由すぎる作品群を執筆、彼の死からしばらくは危険思想として禁書扱いになっていた。
しかし、世界が個人主義的に変貌した20世紀以降は様々な知識人に再評価され、また、日本ではその著書の翻訳が『悪徳の栄え事件』なる事件にもなった。
元はといえばその性的興奮、嗜虐性をコントロールできずに収監された人物ではあるものの、人間の本質を暴いたという意味では周囲の数百年先をゆく感覚の持ち主であったことは否めない。
38歳での最初の収監以来、その人生のほとんどを刑務所、精神病棟で過ごすことになった貴族は、その身の不自由さと引き替えに人類の発見に大いに貢献した存在であるといえるだろう。

(写真はWikipedia Marquis de Sadeより使用。Public Domain)

12月2日の不幸

1年
準備中