『真珠湾攻撃開始直後に日本軍用機から撮影された写真』

1941年12月7日は、日本軍によるアメリカ領ハワイ・オアフ島真珠湾への攻撃が行なわれた日である。
太平洋戦争の対アメリカ戦の初戦として行なわれたこの攻撃は、2,403人の犠牲者と4隻の軍艦を含む膨大な被害をアメリカ軍に与え、アメリカの太平洋に於ける最高の基地の攻撃に成功したという衝撃をもってアメリカ国民を震撼させた。
しかし、その屈辱に震えるフランクリン・ルーズベルト大統領の元、アメリカは対日本戦へ一致団結。
翌8日に宣戦布告し、日本本土へ人類史上最大ともいえる悲劇で結末をみる太平洋戦争は、こうして幕を開けたのであった。

(写真はWikipedia Attack on Pearl Harborより使用。Public Domain)

12月7日の不幸

1年
準備中