『事故現場に再現された巨大なヒグマの像』

1915年12月9日は、日本の歴史上でも最悪と言われる獣害事件「三毛別熊事件」の初日、太田家を襲ったヒグマが、内縁の妻と預かっていた子供を殺害した日である。
その後ヒグマが撃ち殺された12月14日まで、全7名の死亡者(後遺症で死んだものも含めれば8名)と3名の重傷者を出した。
体長はおよそ2.7メートル、体重340キロという桁違いの大きさを誇ったその熊は、冬眠をし忘れたのはその巨体に合う巣穴が見つからなかったためだともいわれている。
人間の味を覚えて翌日10日の太田家の葬儀にまで現われたそのヒグマは、そのまま立ち寄った明景家で腹の中の赤子を含む5名を殺傷、村人はたった二日の惨状を経て、驚異的な解決法を採る。
一度失った獲物を取り戻そうとするヒグマの習性を利用するため、7名の死骸をおとりに使っておびき寄せたのである。
もはや生命も尊厳もかなぐり捨てて討伐隊を結成して立ち向かった結果、14日にヒグマを射殺することに成功。
人間には、目を塞ぎたくなるような多くの歴史がある。

(写真はWikipedia 三毛別熊事件より使用。Public Domain)

12月9日の不幸

1年
準備中