『事件直後のサンディフック小学校に駆けつける警察官』

2012年12月14日は、アメリカ・コネチカット州にあるサンディフック小学校で20名の児童を含む26名を殺害した「サンディフック小学校銃乱射事件」が発生した日である。
事件発生直後の2013年時点で、史上2位の被害者を出した大惨劇であったが、2017年の「ラスベガス・ストリップ銃乱射事件」、2016年「のフロリダ銃乱射事件」など、《負の記録》の更新は止まるところを知らない。果たして、過激化の一途を辿る《学校を舞台とした無差別殺人=スクールシューティング》は、現代病の一種といえるのであろうか?

(写真はWikipedia Sandy Hook Elementary School shootingより使用。Public Domain)

12月14日の不幸

1799年
【死去】ジョージ・ワシントン(George Washington)【政治家・軍人・実業家/アメリカ合衆国】

黒人奴隷農場を営んでいた一家に生まれ、バージニア市民軍への参加から「アメリカ独立戦争」で大陸軍を率い、戦後の1789年4月30日に初代アメリカ合衆国大統領に就任した人物。1797年3月に大統領職を辞任し、1798年にアメリカ陸軍中将として最高司令官に再任。フランスとの戦争に備えていたが、1799年12月12日に悪天候の中身回りを続けたことが祟って翌朝化膿性扁桃腺炎を発症。その後肺炎隣容体が急変し、12月14日に死亡。67歳没。

1943年
【死去】ジョン・ハーヴェイ・ケロッグ(John Harvey Kellogg)【医学博士・発明家・実業家/アメリカ合衆国】

過激な禁欲主義=ホリスティック療法や菜食主義を唱えたセブンスデー・アドベンチスト教会信者の医学博士であり、シリアル=コーンフレークの発明者として知られる人物。実弟のウィル・キース・ケロッグとともに、ケロッグ社の共同創設者となった(初代社長はウィル)。1943年12月14日に死亡。没年91歳。

2001年
【殺人事件】「日野OL不倫放火殺人事件」

東京都日野市の会社員、原田幸広宅に忍び込んだ元部下で不倫相手のOL北村有紀恵が原田の長女と長男を焼き殺した殺人事件。二度の中絶を経験した原田との不倫関係に思い悩んだ末の凶行であった。公判の結果2001年7月17日に北村の無期懲役が確定。

2007年
【大量殺人事件】「ルネサンス佐世保散弾銃乱射事件」

長崎県佐世保市名切町のスポーツクラブ「ルネサンス佐世保」の会員であった無職の馬込政義がクラブ内で散弾銃を乱射し逃走。インストラクターの倉本舞衣と呼び出された馬込の親友、藤本勇司が死亡し、6人が重軽傷を負った。逃走後馬込は拳銃自殺。普段から奇行の目立った犯人の、恋愛感情のもつれからの殺人とみられているが、真相は定かではない。

2012年
【スクールシューティング】【大量殺人事件】「サンディフック小学校銃乱射事件」

アメリカ合衆国東部コネチカット州のサンディフック小学校に当時20歳のアダム・ランザが侵入し、児童らに向けて銃を乱射。児童20人を含む26人が死亡し、ランザも拳銃自殺した。後に、自宅を出発する前にランザは自らの母親を殺していたことが判明した。犯行動機は、母親に精神病棟への入院を進められていたことへの反発などともいわれているが、真相は明らかになっていない。