『トゥールーズ=ロートレック作「Portlait of Marcelle」』

1968年12月27日は、当時京都国立近代美術館で行なわれていた「ロートレック展」から、人気作品『Portlait of Marcelle』、通称“マルセル”が盗まれた日である。
時価3,500万円以上という資産価値の名画であっただけに、大きな社会問題となった。
また、同時に展示されていた時価1億円以上の『The Lady Of The Star Harbour』に手が付けられていなかったため、純粋に“マルセル”のファンによる犯行とみられていた。
懸命の捜査にもかかわらず、3日後に現場近くからその額縁が発見されただけで、現場に遺された足跡の他には手がかりもなく、捜査は混迷を極め、そのまま1975年12月27日に時効を迎える未解決事件となる。
そして時効成立後の1976年1月、大阪市の会社員宅から自宅に“マルセル”があると新聞社に通報があり、盗まれた名画は7年ぶりに発見された。
会社員は「京都の中学教論から預かったもので、中身を確かめずに保管していた」と語り、その中学教論は「知人からの預かりものであるが詳細は言えない」と語った。
時効のためこれ以上の詳細が明かされることはなかったが、1976年2月27日に貸し主のフランス・トゥールーズ=ロートレック美術館に無事返却された。
先天性の奇形を含めたその独特な風貌と、享楽的な生き方で、美術史に於いても一際強烈な存在感を放っているロートレックだけに、その作品が観たものを狂わせてしまうこと自体にはなんの不思議もない。
しかし、その“奇妙な7年間の物語”を知ることができないのは、少し不幸である。

(画像はPublic Domain)

12月27日の不幸

1年
準備中